フレッツ光から光コラボに転用する際の手続き方法や注意点

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

フレッツ光から光コラボに転用する際の手続き方法や注意点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

最近では、フレッツ光の料金の高さ、回線速度の遅さに嫌気がさして光コラボレーションに乗り換える人も増えています。

 

光コラボへ転用するメリットは、いくつかあります。

 

しかし、デメリットも同時に存在するのでなんとなく乗り換えて失敗した!ということには注意しなければいけません。

 

そこで、今回はフレッツ光から光コラボに転用を考えている人が事前に知っておきたい、光コラボのメリット、デメリット、転用の際の手続き方法や注意点について解説していきたいと思います。

 

光コラボレーションとは

 


出典:NTT東日本

 

光コラボレーション、略して光コラボ。

 

光コラボとは、NTTが「フレッツ光」の販売をプロバイダに委託している回線です。

 

これまでの光回線はNTTのフレッツ光1強でしたが、プロバイダも光コラボとして光回線を販売できるようになったことで、サービス間の競争が生まれ、消費者に利益がより出るようなサービスが生まれています。

 

光コラボのメリット、デメリット

 

光コラボはフレッツ光と同じ回線を使用していますが、フレッツ光にはないメリット・デメリットも存在します。

 

まずは、光コラボに転用する3つのメリットです。

 

光コラボのメリット

  1. 基本料金が安くなる
  2. スマホの料金が安くなる(セット割)
  3. キャッシュバックがもらえる
基本料金が安くなる

 

 

フレッツ光から光コラボに転用することで、月額料金が安くなる可能性があります。


 

フレッツ光と主要な光コラボの月額料金を料金順でまとめてみました。

 

回線によっては若干料金が高くなっていますが、同程度もしくは少し安くなっている回線も多いですね。

 

さらに、光コラボには「セット割」という料金がより安くなる割引もあります。

 

スマホの料金が安くなる(セット割)

 

 

光コラボは、光回線とスマートフォンをセットで契約するとスマホの月額料金が安くなる「光セット割」という割引を用意しています。

 

たとえば、

 

  • ソフトバンクユーザーがソフトバンク光を契約:毎月最大1,522円の割引
  • ドコモユーザーがドコモ光を契約:毎月最大3,000円の割引
  • auユーザーがBIGLOBE光/So-net光/@nifty光を契約:毎月最大1,200円の割引

 

といったかんじです。

 

光コラボは、光回線単体で契約しても料金は少し安くなる程度ですが、セット割に申し込むことでさらにお得になるのです。

 

キャッシュバックがもらえる

 

 

フレッツ光は現在ほとんどキャッシュバックキャンペーンを行っていませんが、光コラボでは数万円のキャッシュバックがもらえます。

 

たとえば、BIGLOBE光やSo-net光は光コラボの中でもトップクラスの25,000円のキャッシュバックが用意されています。

 

以上のことから、光コラボはフレッツ光と比べて月額料金が安く、さらにキャッシュバックまでもらえるお得な回線だと言えます。

 

しかし、実はデメリットもいくつかあります。

 

ただ、すべての人が該当するというわけではないので、あなたのケースに当てはめ、確認してください。

 

光コラボのデメリット

  1. 手続きが面倒・事務手数料、工事費の発生
  2. 現在契約中のプロバイダの解約金が発生する可能性がある
  3. フレッツ光に戻すには再度新規契約する必要あり
  4. フレッツ光のメンバーズポイントが消滅
  5. インターネット速度が不安定になることもある
手続きが面倒・事務手数料、工事費の発生

 

 

フレッツ光から光コラボに転用する際は、光回線を新規契約する場合とは異なる手続きが必要になるので、やや面倒です。

 

この点に関しては、後ほど詳しく解説します。

 

また光コラボの回線設備はフレッツ光と同じものを使うのですが、3,000円程の事務手数料がかかり、通信速度を変更した際は追加の工事費用が発生する恐れもあるので注意してください。

 

現在契約中のプロバイダの解約金が発生する可能性がある

 

フレッツ光から光コラボに転入する場合、もともと契約していた光回線の違約金は発生しませんが、プロバイダを変更する場合はプロバイダ違約金がかかることがあります。

 

違約金額に関しては、たとえばSo-netは24カ月以内の解約で3,000円、楽天ブロードバンドは24ヶ月以内の解約で10,000円の解約金が発生する等、プロバイダによって大きく異なります。

 

必ず解約前に利用中のプロバイダの違約金を確認してください。

 

フレッツ光に戻すには再度新規契約する必要あり

 

フレッツ光→光コラボは「転入」という形で契約できますが、光コラボ→フレッツ光という場合は光コラボの解約手続きを行い、再度フレッツ光を新規契約しなければいけません。

 

 

光コラボからフレッツ光に戻すことは不可能ではないのですが、手続きが面倒だったり事務手数料なども新たにかかったりするので、この点は覚えておいてください。

 

フレッツ光のメンバーズポイントが消滅

 

 

フレッツ光には利用状況に応じてポイントが貯まる「メンバーズポイント」がありますが、転用することでポイントが消滅してしまうので、必ず転用前にポイントを使い切るようにしましょう。

 

欲しい商品がない人は、カタログギフトと交換しておくと後々役立ちます。

 

インターネット速度が不安定になることもある

 

光コラボとフレッツ光は同じ回線を利用していますが、プロバイダによってはフレッツ光よりも回線速度が落ちる恐れがあります。

 

これはプロバイダ側が、増加するユーザー数に見合った設備をもっていないために起こると言われています。

 

「フレッツ光の速度が遅くて光コラボに転入したのに、もっと遅くなった…」なんてことになれば、本末転倒ですよね。

 

 

しかし、光回線の速度は利用環境やエリアによって変わってくるため、実際に使ってみなければわからないというのが実情です。

 

ただ1つの目安として、光コラボをすでに利用している人の評価や口コミを参考にするのはアリです。

 

たくさんの人が「速度が遅い!」と言っているプロバイダは、あなたの環境でも同様に遅い可能性があるので、選択肢から外すのが無難です。

 

光コラボに転用するメリット・デメリットはだいたい理解していただいたと思うので、次からは転用の具体的な手順について解説していきます。

 

転用する際の手続き方法と注意点

 

転用の手続き方法は、以下の通りです。

 

  1. NTT(東日本or西日本)から「転用承諾番号」を受け取る
  2. 光コラボ転用の申込

NTT(東日本or西日本)から「転用承諾番号」を受け取る

 

まずは、NTTから「転用承諾番号」をもらう手続きです。

 

手続きはWEBもしくは電話で行いますが、いずれの場合も以下の4点を手元に用意しておいてください。

 

【転用の際に必要なもの】

  • お客さまID、ひかり電話番号もしくは契約者の電話番号
  • 契約者名
  • フレッツ光を利用している住所
  • フレッツ光利用料金の支払い方法

 

上記のものを用意したら、以下のページより必要事項を入力し、転用承諾番号を受け取ってください。

 

NTT東日本での転用承諾番号発行の手続き:NTT東日本公式HP(転用の手続きページ)


NTT西日本での転用承諾番号発行の手続き:NTT西日本公式HP(転用の手続きページ)

 

WEBで手続きが不安という方は、

 

NTT東日本:0120-140202


NTT西日本:0120-553-104

 

上記の番号にかけても手続きができます(いずれも受付時間は9時~17時。土日祝日も可)。

 

なお、転用承諾番号の有効期限は発行から15日となっているので、必ず15日以内に次の光コラボ転用の申込を行ってください。

 

光コラボ転用の申込

 

転用承諾番号を取得できたら、光コラボのHPもしくは電話で転用手続きを行います。

 

必ず新規ではなく、転用で申し込むことを忘れないでくださいね。

 

 

追加工事が必要なければ、申し込み後に「開通のご案内」が手元に届き次第、光コラボを利用できるようになります。申し込み~転用までの期間は2週間ほど見積もっておきましょう。

 

まとめ

 

今回は光コラボに転用するメリット・デメリット、手続き方法について解説しました。

 

フレッツ光から光コラボに変更することで、月々の支払いが安くなったり、キャッシュバックがもらえたりするなどメリットも多いです。

 

しかし、人によっては解約金が発生したり、追加工事が必要になることもあるので、今回の記事を参考に上手に光コラボへの乗り換えをしていただければと思います。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!