インターネット回線を申し込みの方法を1から10まで徹底解説

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

インターネット回線を申し込みの方法を1から10まで徹底解説

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

インターネット回線は、いまや私たちの生活には欠かせないものです。

 

しかし、いざ申し込みをしようと思っても「選択肢が多すぎてどれを選べばいいのかわからない!」という人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は自分に合ったインターネット回線の選び方、契約の際に気を付けなければいけないことなどについて解説していきます。

 

どんな回線を選ぶべきか?

 

インターネット回線は、大きく分けて以下の3種類があります。

 

  • 光回線
  • WiMAX(モバイルWiFi)
  • その他(ADSLやケーブルテレビ回線)

 

安定した回線を使いたい・家族がいる場合は光回線がおすすめ

 

現在、最も主流のインターネット回線は光回線です。

 

通信速度・安定性といった点では光回線に勝るものはなく、動画視聴やオンラインゲームなどの大容量データ通信にも最適の回線です。

 

また、通信速度制限がないという点も固定回線ならではの大きなメリットでしょう。

 

そのため光回線は、

 

  • できるだけ安定した回線を使いたい
  • 家族みんながネットを使う

 

上記のような方には特におすすめの回線と言えます。

 

ただし光回線を利用するには工事が必要なので、環境上の理由から契約できないという人もいると思います。

 

そんな方に検討していただきたいのが、次のWiMAXです。

 

引っ越しが多い、賃貸物件のため工事ができない場合はWiMAXがおすすめ

 

WiMAXは、無線のインターネット接続回線です。

 

光回線のような工事をする必要はありません。

 

ルーターが届いた時点でネットが使えるようになり、引っ越し当日でもインターネットができます。

 

  • 引っ越しが多いから固定回線はムリ
  • 賃貸物件に住んでいて工事ができない

 

上記のような方に向いた回線と言えます。

 

また、WiMAXのルーターはかばんの中に入れて持ち運べるくらい小型のため、自宅だけでなく外出先でもネットを利用できるメリットもあります。

 

速度や安定性は光回線に比べると劣りますが、ネットサーフィンや動画視聴程度でしたら問題ない速度ですし、月額3,000円以下で利用できるので経済的負担も少なく済みます。

 

ただし、WiMAXは3日で10GBというデータ制限があるので、オンラインゲームや高画質の動画視聴などをする方には向いていません。

 

ADSL、ケーブルテレビはおすすめできない

 

ADSLやケーブルテレビは一昔前までは主流の回線でしたが、現在では衰退の一途をたどる回線です。

 

これらの回線は、

 

  • 通信速度が遅い、安定しない
  • 月額料金の安いプランもあるが、回線の質が良くない
  • 各社とも力を入れていないため、キャンペーン等もない

 

以上のような理由から、当サイトではおすすめしていません。

 

なお、ケーブルテレビはテレビサービスが充実しているといったメリットもありますが、単純に回線の質だけで見れば光回線やWiMAXには劣ります。

 

目的があってADSLやケーブルテレビを選ぶのであればいいのですが、なんとなくといった理由で契約すると後悔することになりかねないので気をつけてください。

 

光回線を選ぶならどこがいいの?

 

光回線を利用する方が次に考えなければいけないのは「どのプロバイダの光回線を選ぶのか」です。

 

最近は非常に多くのプロバイダが光回線サービスを提供していますが、当サイトでは以下の3つの回線を特におすすめしています。

 

  • 関東住みの人:NURO光
  • それ以外に住んでいる人:auひかり
  • auひかりを利用できない人:光コラボ(ドコモ光、ソフトバンク光など)

 

関東住みの人はNURO光

工事費用

0円(キャンペーン期間中につき実質無料)

月額料金

4,743円

通信速度

2Gbps

メリット

  • 世界最速の通信速度
  • 独自回線のため通信が安定している
  • 3万円キャッシュバック
  • ソフトバンクユーザーはスマホの月額料金割引

デメリット

提供エリアが関東の1都6県のみ

 

NURO光は、老舗プロバイダSo-netが提供する世界最速の光回線です。

 

最大通信速度は2Gbps回線の安定性が高いことでも定評があり、現在もっともおすすめの光回線です。

 

ただし、提供エリアが関東の1都6県(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)のみなので、それ以外の地域に住んでいる方は利用できないのがデメリットです。

 

それ以外に住んでいる人はauひかり

工事費用

37,500円(所定の条件を満たせば無料)

月額料金

戸建て:5,100円 マンション:3,800円

通信速度

1Gbps

メリット

  • 独自回線のため通信が安定している

  • 最大5万円キャッシュバック
  • auユーザーはスマホの月額料金割引

デメリット

最低利用期間が3年

 

NURO光を利用できない場合、次に検討したいのがKDDI提供のauひかりです。

 

通信速度は1Gbpsなので他社光回線と変わりませんが、NURO光と同様に通信が安定していると評判の回線です。

 

また、高額キャッシュバックがもらえる点やauユーザーはスマホの月額割引がある点など、特典が充実しているのも特徴です。

 

ただし一般的な光回線が2年契約なのに対してauひかりは3年契約で、契約更新月以外に解約をすると15,000円の解約金がかかることは覚えておいてください。

 

auひかりを利用できない人は光コラボ(ソフトバンク光、ドコモ光など)

 

ソフトバンク光

ドコモ光

 

工事費用

 

24,000円

戸建て:18,000円

マンション:15,000円

 

月額料金

戸建て:5,200円

戸建て:5,200円

マンション:3,800円

マンション:4,000円

通信速度

 

1Gbps

メリット

ソフトバンクユーザーはスマホの月額

料金割引+24,000円分の商品券

ドコモユーザーはスマホ月額

料金割引+10,500円のキャッシュバック

デメリット

評判があまり良くない

 

auひかりは全国47都道府県に対応していますが、一部地域では利用できない場合もあります。

 

そんな方が次に検討したいのが、ドコモ光やソフトバンク光といった光コラボです。

 

これまでご紹介してきたNURO光やauひかりは独自の回線網を利用していましたが、光コラボはNTTのフレッツ光と同じ回線網を使用しているため、回線の質はフレッツ光と変わりません。

 

ただし、光コラボは独自にキャッシュバック特典や月額料金割引などを行っているので、こういったキャンペーンをほとんど行っていないフレッツ光よりもお得に契約することができます。

 

WiMAXを選ぶならGMOとくとくbb

 

続いて、WiMAX利用予定の方におすすめのプロバイダをご紹介します。

 

WiMAXサービスを提供している会社は、本家のUQ Communicationsや大手プロバイダ(GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBE、niftyなど)がありますが、一番おすすめはGMOとくとくBBです。

 

なぜ、GMOとくとくBBがおすすめなのか?

 

それは、GMOの行っているキャンペーンが一番充実しているからです。

 

WiMAXを提供している会社はたくさんありますが、実は扱っている端末やインターネットの通信速度などはどこもほとんど同じです。

 

しかし、キャンペーン内容だけは各社で大きく異なっているため、キャンペーンが充実しているプロバイダと契約するのが一番お得なのです。

 

GMOとくとくBBは、現在以下のようなキャンペーンを行っています。

 

  • 33,000円のキャッシュバック(当サイト限定)
  • 月額料金割引特典

 

GMOのキャッシュバック額はWiMAX業界No.1、さらに2年間の総額利用料金も全プロバイダの中で一番安くなっています。

 

先ほどもお伝えしましたように、ネットの通信速度や扱っている端末はどのプロバイダもほとんど変わらないので、お得に契約するならキャンペーン内容が最も充実しているGMOとくとくBBをおすすめします。

 

契約の際に気を付けつけること

 

インターネット回線を契約する際、注意しなければいけないことを書いてみました。

 

  • 前の回線の違約金はかからない?
  • キャッシュバックは?
  • WiMAXを利用予定の方はエリア確認が必須
  • WiMAXを利用するならギガ放題プランがおすすめ
  • 光回線を利用予定の方は余裕を持って申し込む(繁忙期をずらす)
  • 光回線を利用予定で賃貸物件に住んでいる方は、大家さんに工事の事前許可を取っておく

 

前の回線の違約金はかからない?

 

回線の乗り換えを考えている方、元回線の解約による違約金はかかりませんか?

 

ほとんどのプロバイダはインターネット回線の契約期間を2年に定めており、契約更新月以外に解約すると、1万円近い違約金を取られてしまう可能性があります。

 

せっかくお得に契約できる回線を選んだのに、元回線を解約する際の違約金で損をしてしまうのはもったいないので、契約書類等を読んで違約金のかからない更新月を確認しておきましょう。

 

参考関連:インターネット回線の乗り換えをお得に!違約金を負担してくれる光回線とは?

 

キャッシュバックは?

 

選んだプロバイダは、キャッシュバックなどのキャンペーンが充実していますか?

 

特にWiMAXの場合はキャンペーン内容がプロバイダ選びの決定打となるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

また、キャンペーン内容は月によっても変更されることがあるので、申し込み時点での内容を確認しておいてください。

 

WiMAXを利用予定の方はエリア確認が必須

 

WiMAXを利用予定の方は、対応エリアの事前確認は済んでいますか?

 

せっかく契約したのに「いざ使ってみたら圏外だった…」なんてことにならないためにも、契約前にしっかりとUQ Communicationsのサービスエリア判定で確認しておきましょう。

 

WiMAXを利用するならギガ放題プランがおすすめ

 

WiMAXを契約する際は、毎月7GBまで使える通常プラン、3日で10GB(1ヶ月で約100GB)まで使えるギガ放題プランのどちらかを選ぶことになります。

 

ギガ放題プランの月額料金は通常プランに比べて600円ほど上がりますが、毎月100GB使えることを考えれば、コストパフォーマンスがいいのはギガ放題プランです。

 

光回線を利用予定の方は余裕を持って申し込む(繁忙期をずらす)

 

光回線は申し込みから実際にネットを利用できるまで最低でも2週間程度はかかるので、余裕を持って申し込みましょう。

 

特に工事繁忙期の3月前後や11月前後に申し込みをすると、工事が終わるまで1ヶ月以上かかることもあるので、できれば繁忙期をずらして申し込むことをおすすめします。

 

賃貸物件で光回線を利用予定なら、大家さんに工事の事前許可を取っておく

 

光回線は回線工事をする時、壁に穴を開けることがあるので、賃貸物件に住んでいる方は大家さんの許可を事前に取っておきましょう。

 

許可なしで光回線を導入していたことがバレルと、後々大きなトラブルにもなりかねません。

 

工事に不安を覚える大家さんがいたら、実際に行う工事概要が書かれた書類を見せてあげるのもいいでしょう。

 

参考関連:工事不可のため光回線を引くことができない場合の代替案

 

工事の際に必要なこと

 

最後に、光回線の工事をする際に必要なことをまとめました。

 

光回線導入時のトラブルで多いのは、回線工事の段階です。

 

事前に起こりうるケースを想定して、トラブルに巻き込まれないように事前対策をとっておきましょう。

 

  • 工事は必要?不必要?
  • トラブルを避けるため、電話上でのやりとりは必ずメモ
  • ONUの設置場所を決めておく

 

工事は必要?不要?

 

光回線導入時は、ほぼ例外なく工事が必要になります。

 

仮に前の入居者が光回線を利用していて、設備があったとしても、簡単な工事は必要です。

 

ただし例外的に、フレッツ光などは設備があれば工事なし、機器の設置のみで回線が利用できることもあります。

 

しかし、基本的には住居人立ち合いのもと業者に工事をしてもらう必要があるので、半日程度時間がとれる日を空けておいてください。

 

トラブルを避けるため、電話上のやりとりは必ずメモ

 

光回線の工事日程を決める際は、電話でのやりとりが中心となります。

 

メールなどのやりとりとは違って記録が残りづらいため、「言った、言わない」といった問題が起きやすく、トラブルの原因になりがちです。

 

これを避けるためにも電話でのやり取りの際は、

 

  • 連絡日時
  • 担当者の名前
  • やりとりの内容

 

上記3点をしっかりとメモしながら、話を進めましょう。

 

ONUの設置場所を決めておく

 

光回線を利用するには、ONUという機器を自宅に設置しなければいけません。

 

工事の際は、業者からONUの設置場所をどこにするのか聞かれますので、事前に場所を決めておきましょう。

 

無難な設置場所は、一番ネットを利用する部屋です。

 

ただし、ONU設置場所の近くには電源コンセントが必要なので、それらを考慮した場所を決めておいてください。

 

まとめ

 

どのインターネット回線を選べばいいのか迷っている人は、以下のような基準で自分に合った回線を選んでください。

 

光回線

安定した回線を使いたい・家族がいる方

WiMAX

  • 引っ越しが多い
  • 賃貸物件に住んでいて工事ができない
  • どこでもネットを使いたい方

 

また、当サイトおすすめの光回線、WiMAXプロバイダは以下の通りです。

 

光回線

まずはNURO光

次いでauひかり

両方ともダメなら光コラボ(ソフトバンク光、ドコモ光など)

WiMAX

GMOとくとくBB

 

光回線、WiMAXともに契約上の注意点はそれぞれありますが、工事が必須な光回線は手続きが煩雑になる傾向にあるので、今回挙げた注意点を参考に契約を進めてみてください。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!