NURO光でテレビを見たい!最もお得な視聴方法とは?

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

NURO光でテレビを見たい!最もお得な視聴方法とは?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

2018年3月から、テレビサービス「ひかりTV for NURO」が開始しました。

 

 

公式:ひかりTV for NURO

 

「NURO光ではテレビを見れない」という理由で、これまで契約に踏み切れなかった方には朗報と言えるでしょう。

 

しかし、じつはこの方法、決定的なデメリットがあります。

 

このデメリットを知らないで契約すると、「失敗した〜…」という結果にもなりかねません。

 

今回はNURO光のテレビサービス「ひかりTV for NURO」のメリット・デメリットを解説するとともに、最もお得にテレビを視聴する方法についても解説していきます。

 

ひかりTV for NUROについて解説

 

「ひかりTV for NURO」はNTTぷららが提供する「ひかりTV」のNURO光版で、現在は関東エリアのみ利用可能となっています。

 

光回線とテレビをつなげることにより、地上波やBS・CS、専門チャンネルを楽しむことができるのが特徴です。

 

 

プランや料金は、以下のとおりです。

 

 

最も安いプランは、月額1,000円の地デジ・BSのみが視聴可能な「基本放送プラン」です。

 

さらに月額500円で、80以上のテレビ専門チャンネルが楽しめる「テレビサービス」、映画やドラマが見放題の「VOD(ビデオオンデマンドサービス)を利用できます。

 

なお、「ひかりTV for NURO」を利用するには、ひかりTV対応チューナーが必要となります。

 

 

チューナーは自分で用意するか、月額500円でレンタルすることも可能です。

 

ひかりTV for NUROのメリット

 

 

次に、「ひかりTV for NURO」を利用するメリットについて紹介します。


メリット①初期費用があまりかからない

 

最大のメリットは、初期費用がかからない点です。

 

従来はテレビを見る際、テレビアンテナを設置する必要がありました。

 

テレビアンテナの価格は最低5,000円前後、さらに業者に設置依頼をすると1.5〜2万円ほどかかります。

 

一方、「ひかりTV for NURO」はNURO光の回線を利用したテレビサービスのため、テレビアンテナは必要ありません。

 

 

つまり、初期費用の2〜3万円を削ることができるということです。

 

メリット②天候に関係なく高画質な映像を楽しめる

 

「ひかりTV for NURO」を使えば、悪天候時でも高画質な映像を楽しめます。

 

従来のアンテナを利用した視聴方法は、悪天候時の電波受信が不安定になりやすいです。

 

そのため「ドラマや映画を録画しておいたのに、悪天候で映像が乱れてまともに視聴できなかった…」という経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

 

しかし、「ひかりTV for NURO」は天候の影響を受けづらい光回線を利用したテレビサービスなので、いつでも高画質の映像を安定して見ることが可能です。

 

 

ひかりTV for NUROのデメリット

 

 

続いて、「ひかりTV for NURO」のデメリットを紹介していきます。

 

ぶっちゃけると、現段階ではメリットよりもデメリットのほうが多いです…。

 

デメリット①維持費用がかかる

 

「ひかりTV for NURO」のデメリットは、維持費用がかかることです。

 

 

地デジ・BSのみを視聴できる「基本放送プラン」を選択した場合でも毎月1,000円の月額料金が発生するほか、チューナーを持っていない人はさらに500円のレンタル料金がかかります。

 

つまり、「ひかりTV for NURO」を利用するには最低でも1,500円の維持費がかかるということです。

 

デメリット②最低利用期間と違約金がある

 

「ひかりTV for NURO」では、最低利用期間と違約金が設定されています。

 

最低利用期間は2年で、2年以内に解約をすると違約金10,000円が発生します。

 

 

デメリット③2年目以降の料金がさらに上がる

 

「ひかりTV for NURO」では2年契約をすると「2ねん割」が適用されます。

 

2年割は24ヶ月目までの月額料金が1,000円安くなる割引サービスです。

 

しかし、2年目以降は割引適用期間外となり、毎月の料金が1,000円も上がります。

 

基本放送プランを契約している場合は、料金が倍になるということですね。

 

 

ひかりTV for NUROに向いている人・向いていない人

 

ひかりTV for NUROにはメリット・デメリットそれぞれありますが、どのような人に向いているサービスと言えるのでしょうか。

 

それは、地デジ・BSだけでなく、専門チャンネルやビデオオンデマンドサービスも楽しみたい人です。

 

月額料金1,500円を払うことで、映画・アニメ・ドラマ・音楽・スポーツなどの専門番組やドラマ・映画などが見放題になるのは、なかなか魅力的だと思います。

 

ただし、視聴できる番組は好みが分かれるので、事前に対象番組を確認しておくことをおすすめします。

 

対象番組は、ひかりTVの公式サイトで確認できます。

 

反対に、「ひかりTV for NURO」に向いていないのは、地デジ・BSしか見ない人です。

 

今どき、地デジ・BSだけならタダで見れる時代です。

 

それを月額1,000円以上も払うのは正直バカバカしいと思います…。

 

 

地デジ・BSだけを見たい場合

 

もしあなたが、できるだけ安い料金で地デジ・BSを見たい場合は、地デジアンテナを設置することをおすすめします。

 

先ほどもお伝えしたように、アンテナを設置するには、

  • アンテナ代金:5,000円〜10,000円
  • 業者への設置依頼費用:15,000円〜20,000円

これらが発生します。

 

アンテナを設置してテレビを見る方法は2万円前後の初期費用がかかることがデメリットですが、一度設置してしまえば月額料金等はかかりません。

 

 

「アンテナを設置した場合」と「ひかりTV for NUROを利用した場合」の総支払額を比較してみました。

 


2年利用した時点で、アンテナ設置の方がすでに3,000円ほど安くなっています。

 

さらに、4年間利用すると、6万円ほども差がついてしまいます。

 

地デジ・BSのみを長期的に視聴したい場合は、アンテナ設置のほうが安上がりです。

 

専門チャンネルやビデオオンデマンド(VOD)を別途契約するのもあり

 

「ひかりTV for NURO」では月額1,500円〜専門チャンネルやビデオオンデマンドサービスを楽しめますが、正直、サービス自体はあまり充実しているとは言えません。

 

空いた時間で軽く楽しむ分にはいいですが、趣味としてがっつり楽しみたい方には不向きです。

 

そういった方は、アンテナを設置した上で、専門チャンネルやビデオオンデマンドサービスを別途契約することをおすすめします。

 

たとえばWOWOWなら、月額2,300円で最新映画やドラマ・スポーツ・音楽・アニメといったチャンネルを楽しめます。

 

 

公式:WOWOW

 

歌手のライブやプロスポーツをライブ中継で見たい方にはぴったりです。


さらに安い料金で楽しみたい場合は、「U-NEXT for NURO」「Amazonプライム」がおすすめです。

 

「U-NEXT for NURO」は、月額1,990円で10万本以上の映像コンテンツを楽しめます。

 

 

公式:U-NEXT for NURO

 

「Amazonプライム」なら月額300円ほどで、アニメ・ドラマ・映画が楽しめるほか、音楽が聴き放題だったり、Amazon利用時の配送料が無料になるなど様々な特典が付いてきます。

 

 

公式:Amazonプライム

 

まとめ

 

今回の記事を書いていて、改めて「ひかりTV for NURO」は、どうも中途半端なサービスだなと感じました。

 

地デジ・BSだけを視聴するならアンテナ設置のほうが安上がりです。

 

本格的に専門チャンネルやオンデマンドサービスを楽しみたいなら、別途「WOWOW」や「U-NEXT for NURO」「Amazonプライム」などを申し込んだほうが、充実したコンテンツを楽しめます。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!