wifiをウィーフィーと呼んでしまうレベルのネット初心者の人におすすめのネット回線を説明しよう

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

wifiをウィーフィーと呼んでしまうレベルのネット初心者の人におすすめのネット回線を説明しよう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 


「インターネットを使いたいんだけど、どんな回線がいいのかまったくわからない!」

 

というネット初心者の人に向けて、おすすめのネット回線を解説していきます。

 

ちなみに、wifiはウィーフィーではなく「ワイファイ」と読みます。

 

当ページではこのような専門用語も含めて、ネット初心者の人でも十分理解できるくらいわかりやすく説明していきますね。

 

ネット回線は大きく固定回線とモバイル回線に分かれる

 

まずインターネット回線は大きく分けて、固定回線とモバイル回線に分かれます。

 

固定回線とは、電話線やADSL回線、光回線などのケーブルを使ってネットにつなぐ回線です。

 

自宅近くの電柱からインターネット用のケーブルを家の中に引き込む必要があるので、回線工事が必要になります。

 

出典:UQ Communivcations

 

それに対して、モバイル回線とはスマホサイズくらいの小型端末(ルーター)とパソコンやスマホなどを無線のWiFi(ワイファイ)で接続してネットにつなぐ回線です。

 

モバイル回線はルーター1台あれば家だけでなく外出先でもネットを利用することができるので、固定回線のような回線工事も必要ありません。


あなたが固定回線、モバイル回線どちらを使うべきかは「ネットの利用場所」と「利用頻度」によって変わります。

 

具体的には、以下の基準で自分にあった回線を選んでみましょう。

 

  • 外出先でもネットを使いたい、ネットを利用する頻度は低い:モバイル回線
  • 自宅中心でネットを使う、家族全員でネットを使いたい:固定回線

 

また、固定回線・モバイル回線の特徴を以下の表でかんたんにまとめたので、参考にして下さい。

 

 

次から、それぞれの回線について詳しく説明していきます。

 

外でネットをしたり、たまにネットを使う方はモバイル回線がおすすめ

 

モバイル回線は先ほどもお伝えしたように、ルーターと呼ばれる小型端末を使ってネットにつなぐ無線方式の回線です。

 

出典:UQ Communications

 

ルーターはこのような端末です。

 

サイズ・重さはiPhoneくらい、スマホと同じような感覚で画面をタッチして操作します。

 

中にはバッテリーが搭載されているので、充電しておけば10時間前後は連続でネットを使い続けられます。

 

モバイル回線のメリット・デメリット

 

モバイル回線には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

WiMAXでおすすめのプロバイダを比較してみた!キャッシュバックキャンペーンを活用せよ!

 

 

 

 

 


モバイル回線の大きなメリットは、固定回線よりも安い初期費用・月額料金で、どこでもネットを使えるという点です。

 

一方、モバイル回線は無線方式のネット回線のため、たとえば地下鉄や建物の奥側などでは電波が入りづらく通信が不安定になったり、多くの人がインターネットを利用する時間帯(18時〜2時前後)は通信速度が遅くなったりするというデメリットがあります。

 

また、ネットを使いすぎると速度が自動的に制限されるというデメリットもあります。

 

具体的には、3日で10ギガバイト以上のデータを使うと速度が遅くなります。

 

でも、10ギガバイトってどれくらいかよくわからないですよね。

 

そこで、以下に10ギガバイトでできることをまとめてみました。

 

 

参照:ソフトバンク公式HPUQ Communications公式HP

 

上記が3日間で利用できる通信の目安です。

 

1日あたりで換算すると

  • メールの送受信なら約7,000通
  • ホームページ視聴なら約11,633ページ
  • 動画の視聴なら約15時間
  • 音楽ダウンロードなら833曲

といった感じです。

 

通常範囲の使用であれば、速度制限はかからないでしょう。

 

ただし、ネットを使って高画質動画を毎日見たり、ネットでオンラインゲームをする場合は速度制限にひっかかる可能性があります。


モバイル回線ならGMOとくとくBBのWiMAXがおすすめ

 

モバイル回線は、さらにWiMAX(ワイマックス)とポケットWiFiの2つに分けられます。

 

この2つは提供している会社が異なり、WiMAXはUQコミュニケーションズ、ポケットWiFiはワイモバイルという会社によって提供されています。

 

それぞれ月額料金や通信速度は微妙に異なりますが、基本的にどちらを選んでも使い心地はほとんど変わりません。

 

ただし、WiMAXは契約時に現金が還元されるキャッシュバックキャンペーンを頻繁に行っているので、お得に契約したいならWiMAXを選ぶべきです。

 

WiMAXは複数の会社から販売されていますが、その中でもおすすめはGMOとくとくBBという会社です。

 

GMOとくとくBBでWiMAXの申し込みをすると、最新の端末が端末料金0円で、さらに30,000円オーバーの高額キャッシュバックをもらえます。

 

そのため、モバイル回線を検討している方は、まずはGMOとくとくBBでWiMAXを契約することをおすすめします。

 

自宅中心で頻繁にネットを利用する、家族全員がネットを使う方は固定回線がおすすめ

 

ここからは、固定回線について説明していきます。

 

固定回線は初めにお伝えしたように、ネット回線専用のケーブルをパソコン等につなげて通信する有線の回線です。

 

現在、固定回線は以下の3種類があります。

  • 光回線
  • ADSL
  • ケーブルテレビ回線

この中でも一番おすすめの回線は「光回線」です。

 

光回線とは?メリット・デメリット

 

光回線は、いま最も主流のインターネット回線です。

 

光ケーブルというインターネット専用の強力なケーブルを使ってネットにつなぐため、すべての回線のなかで最も優れた通信速度・安定性を発揮します。


具体的に、光回線を使うメリット・デメリットは、以下のとおりです。

 

 

 

 

光回線の通信速度は平均1Gbpsです。

 

モバイル回線の最大通信速度708Mbpsよりも速く・安定しているという最大のメリットがあります。

 

また、定額料金で制限なく使えるという点も光回線ならではでしょう。

 

しかし初めにもお伝えしたように、光回線は回線工事が必要なので、初期費用が2〜4万円ほどかかってしまいます。

 

また申込みから使い始めるまでの期間は最短で2週間、ネット回線申込みの繁忙期(3月前後)だと数カ月かかってしまうことも珍しくありません。

 

また、月額料金も戸建て5,000円前後、マンション4,000円前後かかるので、家計を圧迫する原因にもなるでしょう。

 

ただし、最近は工事費無料・月額料金割引キャンペーンを行っているところも多いので、以前に比べて安い料金で利用できます。

 

そのため、月額料金5,000円を払える、回線工事OKという方は光回線をおすすめします。

 

光回線の中でも一番のおすすめはNURO光

 

実は光回線と言っても、非常に多くの種類があります。

 

その中でも一番のおすすめはNURO光(ニューロ光)という光回線です。

 

NURO光をおすすめする理由は、以下の4点です。

  1. 光回線の中でも特に高速・安定している
  2. 月額料金が安い
  3. 評判が非常に良い
  4. 工事費無料・高額キャッシュバックキャンペーン実施中

一般的な光回線の通信速度は1Gbpsです。

 

それに対して、NURO光は2倍速の2Gbpsです。

 

さらに、独自の強化された設備を使っているので、どの時間帯でも安定した通信ができると評判です。

 

月額料金は全部コミコミで4,743円です。

 

また通常は工事費40,000円がかかりますが、現在はキャンペーン実施中で無料、そして30,000円のキャッシュバックが貰えるなど特典が盛り沢山です。

 

以上のような理由からNURO光は最もコストパフォーマンスの良い光回線と言えますが、唯一、対応エリアが全国区ではないというデメリットを持ち併せています。

 

NURO光を使えるエリアは関東・関西・東海地域です。

 

対応エリア詳細は、以下のページで調べることができます。

 

NURO光の対応エリアを確認する


NURO光が使えないエリアの場合、auひかりを検討

 

NURO光が使えなかった場合、次におすすめしたいのがauひかりです。

 

auひかりは、スマホのauでもおなじみのKDDIが提供する光回線です。

 

auひかりを利用するメリットは、以下の3点です。

  1. 他の光回線よりも通信速度が安定している
  2. 高額キャッシュバックをもらえる
  3. 評判がいい

auひかりもNURO光と同様に独自の強化された設備を使っているので、通信がどの時間帯でも安定していると評判が高くなっています。

 

また、3万円以上の高額キャッシュバックをもらえたり、工事費無料キャンペーンを行っているなど、NURO光並にお得に契約できる光回線と言えます。

 

NURO光がエリア外だった場合は、auひかりがおすすめです。

 

auひかりも使えないなら、光コラボを検討

 

NURO光、auひかりがダメだった場合は「光コラボ」という光回線を検討しましょう。

 

光コラボは、NTTのフレッツ光という光回線の一部を借りて運営している光回線です。

 

少し前までは多くの人がフレッツ光に加入していましたが、最近はキャンペーンもほとんど実施しておらず、契約する旨味がなくなっています。

 

反対に、光コラボは高額キャッシュバックキャンペーンや月額料金割引キャンペーン、au・ドコモ・ソフトバンクのスマホユーザーはスマホ代が割引される「スマホ割」というキャンペーンを受けることができるので、安い料金でネットを使えるというメリットがあります。

 

光コラボは全47都道府県で提供されているので、ほとんどのエリアで利用することが可能です。

 

固定回線を検討している人は、まずNURO光やauひかりを使えないか確認、最後に光コラボの検討をおすすめします。

 

まとめ

 

今回は、ネット初心者の人におすすめのネット回線をお伝えしました。

 

では、もう一度おすすめのインターネット回線をおさらいしましょう。

 

 

モバイル回線、光回線それぞれ一長一短ありますが、あなたの用途に合った回線を選んでみて下さい。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!