docomo光の評判を徹底検証!本当にお徳なのか??

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

docomo光の評判を徹底検証!本当にお徳なのか??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

auひかり、Softbank光ときて、docomo光というのもありますが、正直、評判がイマイチな部分もあり「本当にお徳なのかどうかよくわからない光回線」というイメージが地味付き始めているのがこのdocomo光。

 

今回は、docomo光が本当にお徳なのかどうか、ということについて調べてみました。

 

 

docomo光の月額料金は??

docomo光の料金プランは「ドコモのスマホとセットで使うと安くなるドコモ光パックプラン」と「一般プラン」の2つがあります。

 

  1. 一般プラン
  2. ドコモ光パックプラン

 

 

一般プランの場合

 

マンションタイプ

 

 

 

マンションタイプはプロバイダ込みで4000円~利用することができます。

 

戸建てタイプ

 

戸建てタイプはプロバイダ込みで5200円~利用することができます。

 

この価格差はどういうこと??

この表、若干わかりづらいですが、「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」の3つに分かれています。
タイプAとタイプBはプロバイダの違いは指定プロバイダの違いとなっており、単独タイプは全てのフレッツ光に対応しているプロバイダに契約できるようになっています。
単独プロバイダの価格表記はプロバイダの価格を含めない価格表記となっているので、この価格に後500~1000円くらいかかってきます。

 

また、この価格は2年契約での価格となっておりまして、価格の下に小さく記載してある、()の付いた値段は2年契約ではない場合の価格となっています。

 

タイプA対応プロバイダ

ドコモnet、plala、So-net、BIGLOBE、DTI、exite、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、01光コアラ、ANDLINE
Qit、@ネスク、hi-ho、GMOとくとくBB、ic-net、Tigersnet.com

 

 

タイプAはこれらのプロバイダを使うことができます。

 

タイプB対応のプロバイダ

AsahiNet、@nifty、Tcom、TNC、OCN、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

 

 

タイプBはこれらのプロバイダを使うことができます。

 

 

ドコモ光パックの場合

 

 

 

ドコモ光パックは家族が使っているdocomoのスマホプランに+1000円~課金することで光回線も使えるようになるシステムです。
課金する額はプランによって変わります。

 

以下がドコモ光パックのプランです。

 

マンション

 

 

 

 

戸建て

 

 

 

家族全員がdocomoを利用している場合、データシェアプランにして、固定回線をdocomo光にすることによって
インターネット接続料金を安くすることができます。

 

シェアパック30というのは1カ月で30GB家族全員で利用することができるという意味です。
また、データパックは

  • データパックL⇒月8GBプラン
  • データパックM⇒月5GBプラン
  • データパックS⇒月2GBプラン

 

となっています。

 

docomo光の特徴は?

  • 家族と使うと安くなる
  • フレッツ光⇒docomo光への乗り換えにお金がかからない
  • 多くのプロバイダに対応しているから変更の必要はなし

 

 

家族と使うと安くなる

ドコモ光は家族全員がNTTドコモのスマホを利用している場合、docomo光が安くなります。
ただ、これはSoftbankもauも同じく行っているプランなので、docomo光パックがdocomo光を使う決定的な理由になりえないですね。

 

家族全員が元々docomoユーザーである場合はお勧めします。

 

フレッツ光⇒docomo光への乗り換えをするのにお金がかからない

 

フレッツ光⇒docomo光への乗り換えにお金がかかりません。
ただし、フレッツ光の割引プランに対する違約金がかからないだけで、プロバイダの解約料金はかかります。
またdocomo光⇒フレッツ光に戻すのは不可能なので気を付けてください。

 

 

多くのプロバイダを使うことができる

ドコモ光はメジャーなプロバイダからマイナーなプロバイダまで多くのプロバイダに対応しています。
今まで使っていたプロバイダを引き続き利用しやすくなっています。

 

 

docomo光のデメリットは??

 

  • ドコモ光⇒NTT光への再転用はできない
  • 料金形態が複雑すぎる

 

ドコモ光⇒NTT光への再転用はできない

一度、フレッツ光⇒docomo光に転用してしまうと、docomo光⇒フレッツ光に戻せなくなってしまいます。
戻す場合は一度解約してから新規契約し直さなければならないので、無料で解約するには2年後の契約更新月になってしまいます。

 

 

料金形態が複雑すぎる

見ての通り、docomo光は料金形態があまりにも複雑過ぎます。
正直、非常に料金形態のわかりづらいインターネット回線になっています。

 

 

docomo光の口コミ、評判は??

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterで「docomo光」で検索してみましたが、基本的には否定的な口コミが多かったです。
一番多かったのが、「回線が不安定」、「対応が悪すぎる」この辺が多かったです。

 

その反面、「これまでより速くなった」という意見もあり、一概には否定できません。
恐らく環境や今まで使っていたインターネット回線の比較により、人によって意見が変わってしまっているのかと思われます。

 

結論

結論として、docomo光がおすすめか、オススメではないかと言われたら、正直口コミ全般、否定的なモノが多かったのであまり強くはお勧めできません。

 

ただ、家族が全員docomoユーザーでシェアプラン(10~30GBの通信量を家族で共有するプラン)だと毎月の月額料金に+1000円~するだけで利用することができるようになるので非常にお徳ではあります。

 

もしあなたがdocomoユーザーおお場合のみ、おすすめします。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!