auひかりを契約すると高額キャッシュバックがもらえる?

auひかりを契約すると高額キャッシュバックがもらえる?

auひかりを契約すると高額キャッシュバックがもらえる?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

auひかりは高額キャッシュバックを貰うことができるため、最近注目を集めています。

 

光回線の契約数は全国で2,729万契約あり、そのうちauひかりは約346万契約(前月比+0.1ポイント、前年同月比+0.4ポイント)とシェアの12.7%を獲得しており、堅実にシェアを伸ばし続けています。

 

今回はauひかりのキャッシュバック額と受取条件の比較と、他社光回線との違いを徹底解説していきます。

 

auひかりは代理店経由で契約するとキャッシュバックがもらえる

auひかりを代理店経由で申し込むと、高額キャッシュバックを受け取る事ができます。

 

キャッシュバック額が大きく、有名な代理店ベスト3をご紹介します。

 

株式会社レジェンド

 

最大75,000円の高額キャッシュバックが魅力的な代理店です。

 

キャッシュバック額 契約プラン 条件1 条件2
75,000円

戸建てタイプ

 

指定プロバイダ加入
45,000円 マンションタイプ 指定プロバイダ加入 auひかり電話

 

 

戸建てタイプは75,000円、マンションタイプは45,000円が最大のキャッシュバック額となります。

 

キャッシュバックを受け取るための手順は以下の通りです。

 

  • 株式会社レジェンドのWebサイトもしくはフリーダイヤル(0120-777-866)からauひかりを申し込む
  • キャンペーン期間中(2016年9月18日)に新規でauひかりに申し込む
  • 株式会社レジェンド指定の「返送書類」を申し込み10日後までに返送する
  • 申し込み日より90日以内(マンションタイプは60日以内)に開通される
  • 株式会社レジェンドに指定された期間中にエントリー手続きを行う
  • エントリー後に送られてくるアンケートを指定期間以内に返送する

 

少しだけ手順が多く面倒に感じるかもしれませんが、高額なオプションサービスの加入条件などがありません。余分にお金をかけずにキャッシュバックを受け取れるので、手間をかけるだけの価値があります。
※申し込んだサービスの12ヶ月間の継続利用が条件となります。

 

株式会社NNコミュニケーションズ

ネットだけの申込みでもキャッシュバックを受け取れるのが魅力的な代理店。

 

プロバイダはSo-netとBiglobeの2つから選択可能です。

 

キャッシュバック額 契約タイプ auひかり電話契約
30,000円

集合住宅
(マンションタイプ)

必要
23,000円 不要
20,000円

戸建て

(ホームタイプ)

必要
13,000円 不要

 

 

 

 

キャッシュバックを受け取るための手順は以下の通りです
(1) 株式会社NNコミュニケーションズ経由でauひかり+指定プロバイダに申し込む

 

キャッシュバック額は小さめですが、受け取るための手順はとても簡単です。
正式なキャッシュバック額は申し込み時に確定され、開通の翌月末には現金で振り込まれるのも魅力的ですね。
※申し込んだサービスの12ヶ月間の継続利用が条件となります。

 

株式会社NEXT

こちらもネットだけの申込みでキャッシュバックが受け取れて、NNコミュニケーションズよりもキャッシュバック額が若干高くなっていますがプロバイダはBiglobeのみとなっています。

 

 

キャッシュバック額 契約タイプ auひかり電話契約
32,000円

集合住宅
(マンションタイプ)

必要
25,000円 不要
22,000円

戸建て

(ホームタイプ)

必要
15,000円 不要

 

キャッシュバックを受け取るための手順は以下の通りです。
(1) 株式会社NEXT経由でauひかり+プロバイダ(Biglobe)に申し込む

 

プロバイダは1つしか選べませんが、キャッシュバック額が若干大きく、面倒な手続きも無いため誰でも簡単にキャッシュバックを受け取れます。
また、申込みの時に振込口座を確認されるのでキャッシュバックの貰い忘れもなく、安心です。

 

フレッツ光 vs 光コラボ vs auひかり一番お得なのはどれ?

光回線を利用した高速インターネット接続で一番お得なのはどれでしょう?
月額料金+キャッシュバック額で比較していきましょう。
今回は戸建て(ホームタイプ)の代表的なプランについて比較します。

 

 

 

フレッツ光
(NTT東日本)

光コラボ
(Marubeni光)

auひかり
月額料金 5,700円 5,230円 5,100円
キャッシュバック額 8,000円 25,000円 75,000

 

 

auひかりのキャッシュバック額が圧倒的に高いと言う結果になりました。
フレッツ光は普及しきった感があり、それに引きずられるように光コラボのキャッシュバック額も低めの金額となっていますね。
その反面、auひかりはシェアを奪うために大きなキャッシュバック額で契約者獲得に乗り出しています。

 

auひかりのメリットとは?

 

わかりやすい料金プラン

auひかりの月額料金はプロバイダ料金が含まれた金額となっています。
フレッツ光は月額料金+回線使用料+プロバイダと料金プランが複雑でわかりづらいため、
安いと思って契約したらプロバイダ利用料で結局高くなってしまう事があります。

 

フレッツ光よりも加入者が少なく回線が安定している

フレッツ光(NTT)もauひかり(KDDI)も光回線は1Gbpsです。
しかし、フレッツ光は莫大な数の加入者がいるため、回線の安定性や通信速度が遅い場合があります。
auひかりは加入者が増加しているとはいえ、フレッツ光と比べるとまだまだ加入者数が少ないです。
1Gbpsをより少ない利用者で分配するため、auひかりの安定性や速度はフレッツ光よりも良好な傾向にあります。

 

au携帯とセットでお得に

auひかりとau携帯のセットでお得になる「スマートバリュー」が適用できます。
最大2年間2,000円(永年934円+最大2年間1,066円)もお得になります。
2年間経過後も契約している限り934円の割引が継続するため、月額料金がお得です。

 

他社サービスの解約違約金を負担してくれる

2016年9月1日から受付が開始された「auひかりスタートサポート」で他社サービスからの乗り換えもグッとお得になります。
auひかりスタートサポート
現金10,000円還元+月額料金20,000円還元で総額30,000円相当の還元となります。
さらに、au携帯の同時申し込みでスマホの解約違約金も10,260円の現金還元でスマホの乗り換えもお得になります。

 

auひかりのデメリットとは?

 

対応プロバイダが少ない

au純正の「au one net」の他、下記の8社しか対応プロバイダがありません。
(2016年9月18日現在)

 

 

フレッツ光には地域によって選べるプロバイダが無数にあるため、お気に入りのプロバイダを選べますが、auひかりの場合はプロバイダ選択肢が非常に狭いです。

 

フレッツ光からの乗り換えの場合でも工事が必要

現在フレッツ光を利用していて、auひかりに乗り換える場合でも工事が必要です。
フレッツ光とは違う設備を利用するため、必ず工事が発生します。
ポイント!
auひかりには工事代金サポートがあるため、工事費は実質無料になります。

 

提供エリアが若干狭い

フレッツ光と比べると提供エリアが若干狭いです。auひかりに加入したくてもできない場合もあります。

 

ポイント!

代理店から申し込む場合でも、まずは公式サイト)を確認してみましょう。
郵便番号から提供エリアの検索をすることができます。

 

まとめ

 

  • auひかりは高額キャッシュバックを受け取れてお得
  • 月額料金が他社よりもお得
  • 他社サービス解約違約金を負担してくれる「スタートサポート」で光回線もスマホもお得に
  • 新規でauひかりを利用する場合は必ず工事が必要
  • 提供エリア外では利用できない
  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!