光回線を転用するメリット・デメリットは??

光回線を転用するメリット・デメリットは??

光回線を転用するメリット・デメリットは??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

今までフレッツ光が主流でしたが、2015年に電気通信事業法が改善されてから、光コラボへの転用が増えてきました。

 

そこで、今回は「光回線の転用」とよく聞きますが、実際に光回線の転用とは何なのか、光回線を転用するメリット・デメリットは何なのか徹底的に解説していきたいと思います。

 

光回線の転用とは??

光回線の転用とは、従来のフレッツ光を光コラボレーションとして切り替えて使うことです。

 

光コラボとは、これまでフレッツ光が主体でプロバイダを選ぶといった契約の仕方だったのが、プロバイダが主体となり「OCN光」「So-net光」「docomoひかり」「Softbank光」「U-next光」といったサービスを提供する形になったのが光コラボと言います。

 

何故、光コラボが流行り始めたのか??

2015年以前までは「光回線」と言えば、「フレッツ光」でしたが、現在主流なのはフレッツ光を単体で申し込むより光コラボとして申し込むほうが主流になってきました。

 

実はこれには2015年に総務省によって「電気通信事業法」が改善されたことにあります。

 

電気通信事業法はどのように改善された??

電気事業通信法とは、簡単に言うと通信会社の商品販売の仕方のルールガイドラインです。
そのガイドラインを変更したことによって以下のように変わりました。

 

  • 契約書にサービス詳細、支払期間、方法、キャッシュバック、解約条件などを記載しなければダメ
  • 初期契約解除制度を導入しなければダメ
  • 説明の義務がある
  • 必要以上の勧誘行為の禁止
  • 問題のある代理店には指導し、改善がなければ委託の中止をする

 

といったようなガイドラインに変わりました。

 

参考:総務省

 

これまで光回線業者は代理店を使ってした数字を挙げるために、詐欺まがいな営業活動等のトラブルが多かったため、上記のようについに総務省が動き法律改善が行われました。

 

関連記事:フレッツ光の営業が詐欺だといわれるゆえん

 

関連記事:光回線のクーリングオフは可能なのか??真相はいかに!?

 

法律改善が行われて以降、フレッツ光は代理店に営業を委託せずに、信用のおける大手プロバイダに代理販売を委託する方針に切り替えました。

 

それによって、代理店経由の契約よりも光コラボが主流となったというのが、光回線の転用が増えた背景になります。

 

今現在、光コラボを利用している方も多いかと思いますが、今回はそんな方のために光回線を光コラボへと転用するメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

 

 

光回線を転用するメリット・デメリットは??

光回線を転用するメリットとデメリットを解説します。

 

 

光回線を転用するメリット

光回線を転用するメリットを解説します。

 

支払いや問い合わせが1つの窓口なので手間いらず

フレッツ光の時は回線側とプロバイダ側の支払い・問い合わせ窓口が別々でした。
それ故に、支払いをどちらに請求すればよいのか、トラブルが起きた時どっちに問い合わせすればいいのか全くわからないという事態も多々ありました。

 

そこで、光回線から光コラボに転用することによってそういった手間がなくなったのは事実です。

 

光コラボに転用したことによってトラブルが減った方も非常に多いです。

 

料金が安くなる

フレッツ光から光コラボに転用させたら、月額料金が安くなるケースが大半です(稀に高くなるケースもアリ)

 

一例を見てみましょう。

 

光コラボ【戸建て】 月額料金
フレッツ光【西】 4300円+プロバイダ
フレッツ光【東】 4600円+プロバイダ
ビッグローブ光 4500円
docomo光 5200円
excite光 4360円
So-net光 4500円

 

フレッツ光の場合、プロバイダ抜きでこの価格です。

 

プロバイダを入れたら安くて500円前後、高いプロバイダであると1000円ほど月額料金がかかります。

 

こう見ると光コラボの方が割と安めの価格帯となっています。

 

キャンペーン特典が貰える

光回線から光コラボに転用した際に、プロバイダからキャッシュバック特典(もしくは商品特典)を貰うことができます。

 

当サイトでは光コラボを利用するなら、So-net光をオススメしていますが、24000円のキャッシュバックを貰うことができます。

 

また、その他のプロバイダでもキャッシュバック特典を行っているプロバイダがあります。

 

関連記事:気を付けろ!キャッシュバックキャンペーン3つの詐欺的トラップ

 

フレッツ光を解約するときに違約金がかからない

フレッツ光を転用する場合、プロバイダ側の違約金がかかることはありますが、フレッツ光側から解約金を請求されることはありません。

 

プロバイダ側の違約金とは言っても数万円もかかるものではなく、せいぜい数千円しかかりません。

 

プロバイダ解約金の一例

 

プロバイダ マンション 戸建て 契約期間
OCN 1200円 2400円 2年間
So-net 3000円 3000円 2年間
ぷらら なし なし -

 

 

工事不要で乗り換え可能

転用の場合は、工事をしなくてもいいので

 

  • 立ち合い工事をする手間がいらない
  • 工事費用が掛からない

 

という大きなメリットがあります。

 

光コラボに新規で申し込む場合は、工事費用が掛かる場合がありますが、転用の場合は基本的に工事費用が掛かりません。

 

必要な機器が送られてきて、その機器を設定するだけで利用できるようになります。

 

光回線を転用するデメリット

光回線を転用するデメリットを解説します。

 

料金が高くなる場合もある

戸建ての場合、ほとんどのケースで光コラボに変えることによって安くなりますが、マンションプランの場合は高くなるケースがあります。
フレッツ光は元々、世帯数が多い集合住宅の場合2000円^3000円台で契約することができます。

 

しかし、光コラボに変更するとそのマンションの世帯数に関係なく料金が一律であるケースが多々あります。
その場合、フレッツ光から光コラボに変更すると高額になってしまう場合があります。

 

 

 

光コラボから光回線に戻すことはできない

一番のデメリットがこの点です。
フレッツ光→光コラボは簡単に変更できますが、光コラボ→フレッツ光に変更するのは簡単にできません。
光コラボ→フレッツ光に変更するのには一度解約金を支払って解約をしてから、再度フレッツ光に変更する必要があります。

 

つまり、フレッツ光→光コラボに転用するように簡単にはできないのがデメリットです。

 

とはいえ解約金はどの会社で光コラボに申し込んだのかによって変わりますが、数万円するものではなく、せいぜい9500円で済みます。

 

ただしまたフレッツ光やその他回線に申し込むと手数料や工事費用を考えると簡単に光コラボを解約することができないのも想像がつきますよね。

 

プロバイダの解約金がかかってくる場合もある

上記でも少し触れましたが、フレッツ光を解約して光コラボに転用する際に、プロバイダの解約金がかかってくるケースがあります。

 

1000円~6000円程度かかってくるケースがあります。

 

プロバイダによっては無料で解約することもできるので、解約前にプロバイダの解約料金を確認しておくことをお勧めします。

 

 

まとめ

以上がメリット、デメリットになります。
フレッツ光から光コラボに転用するのはメリットがある反面デメリットも多少なりともあります。

 

しかし、今現在は、フレッツ光よりも光コラボが主流になっており、光コラボにすることによって複雑な料金形態・支払い・問い合わせ窓口がシンプルになります。

 

また、光コラボも申し込むプロバイダによってはキャッシュバックを貰うことができるので、いま現状だとメリットの方が多いかなというのが当サイトの意見となります。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!