光コラボレーションのメリット、デメリットは??

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

光コラボレーションのメリット、デメリットは??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

光コラボレーションとは、NTTが「フレッツ光」のシェアを拡大させるために打ち出した新たな料金プランのことです。
今まで光回線はプロバイダとフレッツ光が別々でした。

 

これをプロバイダとインターネット回線を「一本化すること」が光コラボレーションになります。

 

今までは上記のように光回線とプロバイダが別々だったのです。
しかし、光コラボレーションは下記のようにプロバイダと光回線がセットになりました。

 

 

光コラボレーションによるメリットには大きいメリットがあります。

 

光コラボレーションのメリット、デメリットは??

光コラボレーションのメリットデメリットについて書こうと思います。

 

光コラボレーションのメリットは??

光コラボレーションには以下の2点のメリットがあります。

 

  • 業界間の競争が激しくなるゆえに価格、サービスはよりよくなる
  • 回線とプロバイダの窓口が一つになる

 

業界間の競争が激しくなるゆえに価格、サービスはよりよくなる

今までは光回線といえば、フレッツ光のみでした。
それ故、特に価格競争もサービス競争も起きることがない状態でした。

 

しかし光コラボによってプロバイダが光回線の販売に主導権を握り、プロバイダ側でサービスの内容、月額料金を定めることができるようになったため、
激しい価格競争、サービスの質が向上するようになりました。

 

 

回線とプロバイダの窓口が一つになる

今までは光回線側とプロバイダ側、別々に料金を支払わなければいけない状態で「わかりづらい」という声が圧倒的に多かったです。
また、何かネット回線のトラブルがあった際に光回線側に問い合わせたら「プロバイダが原因」と一蹴され、プロバイダに問い合わせたら回線側が原因と一蹴されてしまうことがあり
きちんと原因を考えてくれないという状況もありました。

 

これを回線とプロバイダを一本化することによって回線の調子が悪い時にきちんとユーザーに向き合ってくれるようになったというのも光コラボレーションのメリットです。

 

 

光コラボレーションのデメリットは??

当然、光コラボレーションはメリットだけではなく、デメリットもあります。

 

 

光コラボ→フレッツ光に戻せない

一度光コラボレーションに契約すると、再度フレッツ光に戻せないシステムになってます。
何故、こんなシステムにしたのか疑問ですが、仮に光コラボが遅くて解約したいと感じた場合、一度解約してから新規に契約し直さなければならなくなります。

 

更に、ひかり電話を使っている場合、解約したら固定番号が変わってしまいます。
固定電話を使っている方は検討したほうがいいでしょう。

 

プロバイダが変わるので今まで使っていたメールアドレスが使えなくなる

フレッツ光→光コラボの転用をする際に、プロバイダを変更する場合、もともと使っていたプロバイダのメールアドレスが使えなくなります。
その際は月額100円~400円支払うことによって前のプロバイダで利用していたメールアドレスを使うことができます。

 

ただ、個人的にわざわざプロバイダのメールを使わなくてもGmailやyahoomailなどの便利なフリーメールが無料で使える時代なので
わざわざプロバイダのメールを使うこともないと思います。

 

もし、プロバイダを変更する際は、プロバイダのメールからクラウド型のGmailなどのフリーメールに切り替えることをおすすめします。

 

月額料金が高くなることがある

フレッツ光のマンションタイプを利用している場合、光コラボに変えても月額料金がほとんど変わらないばかりか逆に高額になる場合があります。
事前にきちんと比較しましょう。

 

 

 

 

代表的光コラボレーションはコレ!

代表的光コラボレーションを比較してみました

 

サービス

戸建て

集合住宅

フレッツ光(東日本エリア)

5700円

3850円~

フレッツ光(西日本エリア)

5400円

3750円~

OCN光

4650円

3450円

So-net光

5200円

4100円

ぷらら光

4800円

3600円

エキサイト光

4360円

3360円

@nifty光

4500円

3400円

ビッグローブ光

5180円

4080円

ASAHINet光

5180円

4080円

IIJmioひかり

4960円

3960円

 

 

サービス

戸建て

集合住宅

プランミニ

プラン1

プラン2

フレッツ光(東日本)

5700円

4850円

4250円

3850円

フレッツ光(西日本)

5400円

4850円

4150円

3750円

 

やはり、比較してみるとフレッツ光よりも、光コラボレーションの方がお徳になりやすい価格設定になっていますね。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!