NURO光とauひかりを徹底比較!おすすめなのはどちら??

NURO光とauひかりを徹底比較!おすすめなのはどちら??

NURO光とauひかりを徹底比較!おすすめなのはどちら??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

最近メキメキとシェアを伸ばしてきているauひかりと、超高速インターネット回線として一部のユーザーから支持を得ているNURO光、インターネットを利用する場合どちらに申し込むのが良いのでしょう?

 

今回はそれぞれの回線のメリット・デメリットからどちらがおすすめなのか、徹底的に比較していきます。

 

月額料金を徹底比較

auひかりとNURO光をそれぞれ戸建て住宅、マンション住宅で利用する場合の代表的なプランで発生する月額料金についてまとめました。

 

記載されている料金は全て税抜き表示となっています。

 

住宅タイプ auひかり NURO光
戸建て 5,100円 4,743円
マンション 3,800円 1,900円〜4,743円

 

 

戸建て住宅であればNURO光の方が月々357円お得になります。マンションタイプではほとんどの場合でauひかりがお得になるのですが、一部例外が存在します。

 

NURO光では戸建てでもマンションでも、電柱から室内まで一本の光ファイバーケーブルで接続されます。

 

このため、戸建てでもマンションでも料金が変わらないのですが、NURO光forマンションと言うプランで申し込む事ができれば、月額料金は1,900円からとグッとお得になります。

 

NURO光forマンションで申し込むには、自分が住むマンションにNURO光専用の設備が導入されている必要があり、2016年現在でも導入されているマンションは多くありません。

 

設備導入にはマンションオーナーの同意も必要ですし、マンション内で最低でも4人以上の利用者が確保しなければならないなど、超えなくてはいけないハードルがいくつもあり、申し込むのは容易ではありません。

 

キャッシュバック額や受け取り時期の違いとは?

 

 

auひかり
(代理店 NNコニュニケーションズ)

NURO光
(So-net公式)

キャッシュバック額 13,000円〜30,000円 30,000円
CB受け取り時期 開通の翌月末 開通の4〜5ヶ月後以降

 

NURO光は誰でも確実に30,000円のキャッシュバックを受け取る事ができるため、一見よく見えます。

 

しかし、auひかりは他社から乗り換えしてくれるユーザーを優遇してくれる「auひかりスタートサポート」と呼ばれるキャンペーンを実施しています。

 

auひかりスタートサポートとは、他社回線から乗り換える際に、他社回線解約で発生した違約金額相当を月額料金から割り引いてくれるサービスです。

 

最大30,000円までの違約金を負担してくれるため、キャッシュバック金額が低くても最終的にはお得になる事があります。

 

提供エリアについて

インターネット回線を利用しようとした時、その回線の提供エリアを気にする人はあまり居ないかもしれません。

 

NTTのフレッツ光がかなり広範囲で利用できる光回線のため「どこでも使える」と思っている人が多いのかもしれません。

 

しかし、NURO光とauひかりは違います。

 

auひかりは東海地方や近畿地方などの一部エリアで利用する事ができません。

 

それでもエリアは順次拡大していて、カバーできないエリアは減っていっています。

 

NURO光の場合は、非常に限定された一部エリアのみしか利用する事ができません。

 

利用できるのは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県などの関東エリアのみです。

 

これらのエリア以外にお住まいの方は残念ながらNURO光を利用することはできません。

 

通信速度を徹底比較

公式ホームページなどで記載されている速度は、理論上の最大通信速度です。

 

必ずそれだけ速度が出るというものではなく、あくまで理論値となっています。

 

auひかりは最大1Gbps、NURO光は最大2Gbpsと記載されていますが、実際にはどれくらい速度が出るのでしょう?

 

利用者の声をご紹介します。

 


 


 


 


 


 

auひかり、NURO光ともに「遅い派」と「速い派」の人がいるような印象です。

 

400Mbpsも出ていればインターネットを利用する上では必要十分です。

 

むしろ若干余分かもしれません。

 

しかし、「最大1Gbps」や「最大2Gbps」と言った表記を見たあとでは、遅く感じてしまうのでしょう。

 

auひかりの既存電話線を利用するタイプ(VDSL方式)の場合は最大100Mbpsしか速度が出ませんが、その回線でも動画配信サービスで動画を見ることができますし、オンラインゲームをプレイするのにも全く不足はありません。

 

結局の所どっちがおすすめ?

NURO光とauひかりの違いについて、さまざまな視点から検証してきましたが、結局どちらがおすすめなのでしょう。

 

結論から言ってしまえば、より多くの方におすすめできるのはauひかりと言えます。

 

auひかりをおすすめする理由は次のとおりです。

 

1. 提供エリアがNURO光より広い

NURO光は前述の通り関東圏のみでの提供となっています。せっかく使おうと思っても提供エリア外である事もしばしば。

 

auひかりの提供エリアも限られていますが、auひかりが利用できない場合はKDDI系列の光回線を使う事もできます。

 

東海地方では「コミュファ光」、近畿地方では「eo光」と言ったKDDI系列の光回線が用意されており、auスマホとのセット割もできるようになっています。

 

2. 他社回線からの乗り換えサポートがある

他社光回線と他社スマホからauひかりとauスマホに乗り換えた時に、違約金が発生した場合に最大3万円まで違約金を負担してくれるため、今使っている光回線に嫌気がさしていて今すぐ乗り換えたいと言う要望にも答えてくれます。

 

3. プロバイダを選べる

NURO光はSo-netが提供する光回線のため、利用できるプロバイダはSo-netだけです。

 

auひかりはBIGLOBEや@niftyなど、合計7社のプロバイダの中から好きなプロバイダを選択できます。

 

そのため、好きなプロバイダがある場合や現在利用しているプロバイダを継続して利用したい理由がある場合には、auひかりの方が選択の幅が広がります。

 

4. 長く使えばお得になる

auひかりには契約プランの他に選べる3つの割引プランがあります。

 

  月額料金 継続利用期間
標準プラン 6,300円 なし
ギガ得プラン 5,200円 2年間
ずっとギガ得プラン
  • 1年目 5,100円
  • 2年目 5,000円
  • 3年目以降 4,900円

 

2年間

 

 

NURO光には継続利用による割引はありません。

 

  月額料金 継続利用期間
NURO光 G2 7,124円 なし
NURO光 G2V 4,743円 2年間

 

auひかりのずっとギガ得プランで契約して長期利用すれば、両社の料金の差は157円まで縮まります。

 

さらに、いつでも解約することができるプランで契約した場合は、auひかりの方が824円お得に利用できます。

 

1年以内に解約する場合にはauひかりを契約したほうがお得になります。

 

まとめ

今回はNURO光とauひかりどちらがおすすめなのか、解説してきました。

 

より多くの方におすすめできるのはauひかりで間違いはありませんが、関東圏にお住まいでインターネット回線のスピードにこだわる方はNURO光を検討しても良いかもしれません。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!