結局、光回線で一番安くて速いのってどこ??

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

結局、光回線で一番安くて速いのってどこ?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

近年ではフレッツ光だけでなく、auひかりやNURO光、ソフトバンク光などに代表される「光コラボ」サービスの出現により、利用する高速インターネット回線の選択肢の幅が広がってきています。

 

そのため、実際に契約しようとしたときには

 

「多すぎてどこを選んだらいいのかわからない」

 

という現象が発生しており、たまたま契約した光回線がサービスの質が悪く失敗だったと思う方が後を絶ちません。

 

 

そこで今回は

 

 

計4社の光回線について、月額料金や通信速度、利用できるエリア、契約時に貰えるキャッシュバックキャンペーンの金額などを徹底的に比較していきます。

 

4つの回線を徹底比較!

いくつかの項目で光回線を比較していきたいと思います。

 

1.通信速度はどこが速いのか!?

光回線を契約するとき、多くの方が気にされるのが通信速度です。

 

場合によっては通信速度の遅さに嫌気が差し、回線を乗り換える方もいらっしゃるほど。

 

では、各社ごとの気になる通信速度を確認していきましょう!

 

光回線 理想値の通信速度 実際の速度
フレッツ光(東日本/西日本共通) 最大1Gbps 10~100Mbps
auひかり 最大1Gbps 50~500Mbps
NURO光 最大2Gbps 50~1500Mbps
ソフトバンク光 最大1Gbps 5~100Mbps

 

※Gbpsとは、Giga Bit Per Secondの略で、1秒間にどれだけの通信ができるかを表しています。1Gbpsだと1秒間に1ギガビット、つまり1秒間に125メガバイトの通信ができることをさします。

 

Youtubeの5分程度の動画は約200メガバイト程度であることが多いため、1Gbpsの速度が出ていれば1.6秒ほどでロードが完了する計算になります。

 

「理想値の通信速度」とは「理論的にはこの最大速度が出ますよ」という速度で、実際には理想値の速度は出ません。

 

そこで、TwitterなどのSNS上の口コミから総合して大体どのくらいの速度が出るのか調査した結果、上記のような速度が出ることが判明しました。

 

 

 

 

 

NURO光が一番速度が速く、その次にauひかりが速いです。

 

接続方式を事前に確認すること!

戸建て住宅であってもマンションであっても、ほとんどの場合で最大1Gbpsの回線を契約することができますが、一部マンションやアパートなどでは契約できない事があります。

 

 

その原因は光回線の接続方式にあります。

 

最近建てられたマンションであれば、光配線方式であることが多いですが、築年数が経っているマンションの場合だとVDSL方式やLAN配線方式で利用することがあります。

 

この場合、最大通信速度は100Mbpsまで低下してしまいます。

 

いまだにVDSL方式やLAN配線方式を採用しているマンションやアパートは、設備の問題などで光配線方式を導入する事が困難なため、既存の電話線を利用できるVDSL方式で入居者が光回線を利用できるようにしてくれています。

 

今後も光配線方式になる可能性は非常に低いため、引っ越しを検討されている方は事前に配線方式を確認したほうが良いでしょう。

 

光回線を使いたい!アパート(マンション)に回線が通ってるか確認する方法とは!?」でインターネット回線が利用できるか否かの確認ができますので是非参考にしてください。

 

 

 

マンションによっては使えない回線もあるので、引っ越し先が決まり次第、上記のリンクあら調べてみようね。


 

 

 

2.月額料金と初期費用を徹底比較

光回線の料金は、利用している限り払い続けなければなりません。

 

 

毎月支払わなければならないため、少しでもお得に利用できる回線に惹かれる方も多いと思います。

 

では、実際に利用料金がお得なのはどこなのか、表にまとめましたので確認していきましょう!

 

光回線 月額料金 初期費用
フレッツ光(東日本) 6100円 18800円
フレッツ光(西日本) 4910円 18800円
auひかり 5100円

0円

NURO光 4743円

0円

ソフトバンク光 5200円

0円

 

月額料金のみ比較した場合も、最大通信速度と同じくNURO光が第1位となりました。

 

しかし、NTT東日本のフレッツ光を除いてその差は数百円と各社ほぼ横並びとなっています。

 

3.提供エリア

次は各社ごとの提供エリアについてみていきます。気に入った回線がエリア外のため利用できないケースもありますので、入念に確認しましょう。

 

光回線 提供エリア
フレッツ光(東日本/西日本) 日本全国
auひかり

東海地方全域
関西地方
東北・関東甲信越・九州の一部を除く地域

NURO光 関東圏のみ
ソフトバンク光 日本全国

 

サービス提供エリアでは、NTTがダントツです。

 

インターネット回線業者の老舗として恥じない提供エリアの広さで、ほぼ日本全国どこでも利用することができます。

 

ソフトバンク光はNTTのフレッツ光を用いた「光コラボ回線」のため、フレッツ光が利用できる地域と同じエリアで申し込み可能です。

 

一方、auひかりは地域によっては利用できない事があります。

 

auひかりがエリア外で利用できない場合は、KDDI系列の光回線を利用することもできます。

 

NURO光に至っては、サービス開始から間もない事も原因の1つですが、関東圏でしかサービスを提供していません。

 

 

関東圏以外にお住まいの方はNURO光を利用することができませんので、ご注意を。

 

4.契約時のキャッシュバック金額について

 

もはや常識となりつつある、インターネット回線契約時に貰えるキャッシュバックですが、一番キャッシュバック金額が高くお得に契約できるのはどの回線なのか、比較していきましょう。

 

光回線 キャッシュバック金額
フレッツ光 10000円
auひかり 33000円
NURO光 30000円
ソフトバンク光 22000円

 

※各社の回線を代表的な販売代理店から申し込んだ際のキャッシュバック金額です。

 

2015年の法改正以降、NTTのキャッシュバックは無いに等しい状態となってしまっています。

 

利用者としては、高額なキャッシュバックを受けられる回線を契約したいですよね。

 

 

そこに目をつけたのがauひかりで、近年では高額キャッシュバックを武器にユーザー数をメキメキと伸ばしています。

 

結局どれがおすすめなの?

通信速度、月額料金、提供エリア、キャッシュバックキャンペーンの4項目からそれぞれの回線を比較してきましたが、結局おすすめはどの回線なのか。

 

もっともおすすめできる光回線は、ズバリ!NUROひかりです。

 

ではなぜNURO光がおすすめなのか、理由をご説明します。

 

1.速度が尋常じゃなく早い

他の回線が1Gbpsを推しているところ、NURO光は最大2Gbps出ます。

 

また、実際の実測値においてもNURO光は100Mbps~1500Mbps出ており、NURO光をレビューしているYoutuberさんも「NURO光に変えてからは尋常じゃなく快適になった」と語っています。

 

 

 

 

2.評判が非常に良い

NUROひかりですが、非常に評判が良いです。

 

NURO光はSONYが販売している光回線で、独自の回線を使っているため非常に速度が速く安定しています。

 

SNS上の口コミを見てもわかる通り、評判も本当イイです。

 

 

 

関連:NUROひかりの評判を徹底調査してみた

 

 

また、2016年10月からやや高額ですが最大10Gbpsの速度が出る超ハイスペックプランも出ました。

 

速度にこだわっている方は、絶対にNUROがいいです!

 

3.価格帯もシンプル

NURO光は価格もシンプルになっており、戸建てで4743円/月となっております。

 

集合住宅の場合、条件によって価格が変わってしまいますが、一番安い価格で1900円/月~から利用できます。

 

プランが割とシンプルでわかりやすく、それでいて5000円を切っているので、非常にリーゾナブル。

 

デメリットもある

ただし、NURO光はデメリットもあります。

 

それは「関東圏内でしか利用できない」ということです。
また仮にNURO光の圏内であっても、マンションの都合上回線が引けないことも多いです。

 

昔はフレッツ光が主流だったので、その名残で光コラボの回線は引けるけどNURO光は・・・ということは結構あります。いや、マジです。

 

もしお住まいが関東圏外である場合、2つ目の選択肢として、「auひかり」をおすすめします。

 

auひかりもNUROひかり同様、独自回線となっており比較的速度が安定して早く、NUROに劣らず評判がいいです。

 

また、auユーザーであればauスマートバリューセットを適用して月々スマホの料金を割引できるメリットもあります。

 

もしauひかりもエリア外であった場合は、フレッツもしくは光コラボをおすすめします。

 

関連:光回線の比較!キャッシュバックが貰えるオススメの回線を徹底比較!

 

 

結論としてはNUTO光がぶっちぎりで速くて安いです。

 

いかんせん、知名度が低いのが難点ですが、Sony系列のSo-netが運営しているのでその点においても信頼性はあります。


 

 

まとめ

今回はフレッツ光、auひかり、NURO光、ソフトバンク光の4社のうち、どこがおすすめなのか徹底的に検証してきました。

 

それぞれの回線にメリット・デメリットが存在しますが、より多くの人におすすめできるのはNUROひかりです。

 

現在利用している光回線からの乗り換えを検討している方や、新しくインターネットを利用し始める方には非常におすすめとなっていますので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

下記では当サイトおすすめの光回線についてランキング形式で比較しましたので是非参考にしてみてください。

 

NUROひかり



NURO(ニューロ)ひかりは最大2Gbpsの高速回線が利用できる最速の光回線!SONYが提供している回線なので信頼性も高い!ただし提供エリアが関東のみというのが難点

速度が最大2Gbps出る。
また、SONYが提供している回線という部分での信頼性も高い。

最近テレビCMが流れており、評判も良く、速度の速さに定評がある。

Softbankユーザーは2000円/月のスマホ料金割引あり。

Softbank光もスマホ割があるが、もし関東県内に住んでいる場合、NURO光がオススメ。

月額料金 4743円
キャッシュバック 30000円
2年間の合計料金 83832円
おすすめ度

関東、東海、関西住みで光回線を検討している方は間違いなくNURO光が一番おすすめ!


 

auひかり



auで有名な大手KDDIの独自回線を使った光回線!評判が良く、対応が丁寧!

また、auのスマホを使っている人はauスマートバリューを適用させて最大2000円/月、スマホを節約可能。
auユーザーの方には強くオススメ。

プランがシンプルで誰にでもわかりやすく契約できる点も〇。

NUROひかりの提供エリア外だった場合、auひかりがおすすめ。

月額料金 5100円~
キャッシュバック 33000円~
こういう人にオススメ
  • 評判が良く安定した回線を利用したい
  • auユーザーでセット割りを使いたい
2年間の合計料金 89400円
おすすめ度  

NURO光のエリア外だった場合、auひかりがおすすめ!回線速度に定評があり、評判良し!


 

光コラボ



auひかり、NUROひかりの利用が不可能なエリアなら光コラボもアリ

BIGLOBE光、docomoひかり、sonetひかりなど多種多様な光コラボレーションがあります。

光コラボはフレッツ光と比較してプロバイダが一緒になっているので一括で料金を支払えるのが特徴。

ドコモユーザーならドコモ光、SoftbankユーザーならSoftbank光とセットで契約することによってスマホ料金が最大2000円/月節約できます。

月額料金
  • Softbank光:5200円
  • ドコモ光:5200円
キャッシュバック
  • Softbank光:22000円
  • ドコモ光:0円
2年間の合計料金
  • Softbank光:126800円
  • ドコモ光:124800円
おすすめ度  

docomoユーザーの方はドコモ光がオススメ

NUROひかりが使えないエリア・建物に住むSoftbankユーザーの方はSoftbank光がオススメ

その他光コラボはこちらから


 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!