NUROひかりのエリアの確認方法!エリア外だった時は??

NUROひかりのエリアの確認方法!エリア外だった時は??

NUROひかりのエリアの確認方法!エリア外だった時は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

今光回線を選ぶなら、業界最速スピードを誇るNUROひかりがおすすめです。

 

ただし、NURO光は工事が必要だったり、通信できるエリアが限られてきたりするので、契約前に提供エリアをしっかり確認しておく必要があります。

 

NUROひかりのエリアの調べ方

 

2017年現在、NUROひかりは全国どこでも使えるわけではなく、関東の1都6県(東京・千葉・神奈川・埼玉・栃木・茨城・群馬・)のみが対象エリアです。

 

ただし、提供エリア内でも一部エリアは対応していないこともあるので、以下の方法より自分の住んでいる場所が対応しているか確認してみましょう。

 

 

 

1.NURO光の提供エリア確認サイトへ行く

(URL: https://www.nuro.jp/apply.html)

 

2.So-net会員以外の方は「@の新規入会/エリア確認はこちら」をクリック。So-net会員の方は「Aのコース変更/エリア確認はこちら」をクリック。

 

どちらのページをクリックしても、すぐに入会することにはなりませんので、ご安心ください。

 

 

 

3.移動したページの一番上の項目「@郵便番号」を入力

 

するとAの欄に自動で住所が入力されるので、該当住所を選択します。

 

次に、一戸建てか集合住宅のどちらかを選択します。

 

集合住宅の場合は、さらにどのマンションかを選択する項目が出てくるので、該当マンションを選び、最後に「提供状況を確認する」という項目をクリックします。

 

 

 

4.居住エリアが提供可能かどうか、上記のいずれかのパターンで表示されます。

 

@Bは使える・使えないがはっきりとわかるのですが、Aのパターンはこの段階でも、はっきりと使えるかわからないので、直接電話で問い合わせることをおすすめします。

 

また、賃貸物件に住んでいる方も注意が必要です。

 

NUROひかりの新規申込は工事が必要な場合があるので、大家さんによっては嫌がる方もおられます。

 

そのため賃貸物件に住まれている方は、申込前に大家さんや管理人さんに確認をしておくことで、後々トラブルになることを避けることができます。

 

NUROひかりがエリア外の時はauひかりをおすすめ

 

NUROひかりは提供エリア外で申し込めなかった…。

 

そんな方に、次に検討してほしい光回線は、KDDIが提供しているauひかりです。

 

auひかりは様々な割引制度があり、どの時間帯でも安定した通信ができるといった理由から、2016年にはお客様満足度No.1になった優秀な回線です。

 

それでは、どれくらい優秀なのか、知名度が一番高いNTTのフレッツ光と簡単に比較をしてみましょう。

 

  auひかり フレッツ光
初期費用
  • 戸建40,500円
  • 集合住宅33,000円
  • 戸建18,800円〜
  • 集合住宅15,800円〜
月額料金
  • 戸建5,600円

  • 集合住宅4,300円
  • 戸建5,100円〜

  • 集合住宅3,450円〜
速度 最大1Gbps 最大1Gbps
特徴
  • どの時間帯でも安定した通信ができる

  • auスマートバリューで月々のスマホ代が割引される

  • 高額キャッシュバックあり
  • 知名度が光回線の中で一番高い

 

 

上記の表をパッと見た感じだと、速度はどちらも同じ、初期費用や月額料金はフレッツ光の方が安いから、フレッツ光のほうがいいんじゃないの?と思うかもしれません。

 

ただし、auひかりはフレッツ光にはない強みをたくさん持っているのです。

 

1. 独自回線のため、どの時間帯でも安定した通信が可能

 

auひかりは、フレッツ光と違う回線を使っており、フレッツ光よりも利用者数が少ないという理由から、どの時間帯でも回線が混雑していることはありません。

 

一方、フレッツ光は知名度がとても高いので、かなりの数のユーザー数がいます。そのため、時間帯によってはスピードが遅くなるといった声も上がっているので、回線の安定度に関してはauひかりが勝っていると言えます。

 

2. auスマートバリューで月々の携帯料金が割引される

 

ご利用プラン 割引額
  • データ定額10・13・30
  • 最大2年間2,000円/月OFF

  • データ定額5・8・20
  • LTEフラット(for tab/for data)
  • ISフラット
  • プランF(IS)シンプル

  • 最大2年間1,410円/月OFF

  • データ定額2・3
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • シニアプラン
  • LTEフラットcp(1GB)
  • カケホ(3Gケータイ・データ付)

 

 

  • ずっと934円/月OFF
  • データ定額1
  • 最大2年間

  • 934円/月OFF

 

 

auスマートバリューとは、auのスマホとauひかり、ひかり電話の3つを契約することでスマホ料金が割引されるサービスです。

 

割引額はスマホのパケット容量に応じて変わり、最大で月々2,000円安くなります。また、このサービスは同一契約内の家族全員に適用されるため、例えば4人家族なら2,000円×4人=8,000円が月々割引されるという計算です。

 

金額を見てもわかるように、auユーザーがauひかりにするメリットはかなり大きいことが分かりますね。

 

3. 高額キャッシュバックあり

 

auひかりは、au公式サイトからも申し込めるのですが、auひかりを扱う代理店のサイトから申し込むことで、高額のキャッシュバックを受け取れる可能性があります。

 

フレッツ光も昔は高額キャッシュバックを実施していたのですが、現在ではあまり見られなくなってしまいました。auひかりは、今でも50,000円近いキャッシュバック金額を受け取ることが可能なので、それを考えるとやはりフレッツ光よりもauひかりに分がありますね。

 

auひかりのエリアの調べ方

 

では、自分の住んでいる地域がauひかりエリアに対応しているか、早速調べてみましょう。

 

まずはauひかりのホームページに行きます。
(URL: https://www.au.com/internet/auhikari/?bid=we-we-gn-2701)

 

 

 

ページ中ほどまで進むと、郵便番号と住居タイプを入力する項目があります。入力し終わったら、「提供エリアの確認」をクリック。

 

一戸建ての場合は、さらに番地を入力します。集合住宅の場合は、該当マンションを選択します。

 

 

 

 

 

ここまで入力が終わると、上記のように対応している光回線のサービス名が出てきます。
右上に青字で「お申込み受付中」と出ていたら、提供エリアなので対応していることがわかります。

 

 

 

反対に、提供エリア対象外の場合は上記のような画像が出てきます。右上に灰色の文字で「現在提供しておりません」と表示されます。わかりやすいですね。

 

auひかりもエリア外の時は?

 

NURO光もauひかりもエリア外だった…。そのような場合は、フレッツ光を検討しましょう。ただし、気を付けてほしいのはNTTに直接フレッツ光を申し込むのではなく、光コラボを申し込むという点です。

 

光コラボとは、簡単にいうとNTTと提携している代理店が扱う光回線のことです。

 

光コラボは、直接フレッツ光に申し込む時と比べて、キャッシュバックが設定されていたり、月額料金が割引になったりするので、非常にお得です。

 

もちろん回線はNTTのフレッツ光回線なので、本家の回線より遅かったり、不安定になったりすることはないので安心して使えます。

 

光コラボのキャンペーン特典例

 

光コラボ名 キャンペーン特典
So-net光コラボ 工事相当額の24000円キャッシュバック
ぷらら光コラボ 最大で28000円のキャッシュバック
OCN光コラボ
  • 戸建:月額700円割引
  • 集合住宅:月額400円割引

(いずれも12カ月間)

 

まとめ

 

光回線は様々なものが提供されていますが、使用可能エリアや特徴は回線毎に異なっています。

 

現在光回線を申し込むなら、NURO光→auひかり→フレッツ光のコラボという順番で検討をしていくのがおすすめです。

 

いずれの回線を選ぶにしても、月額料金の割引はあるか、キャッシュバックはあるかといった点を確認、比較していけば契約後に後悔することはなくなるでしょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!