一人暮らしの人が光回線を契約する時に気をつけるべき3つのこと!

一人暮らしの人が光回線を契約する時に気をつけるべき3つのこと!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

一人暮らしで負担になるのは、家賃、電気、ガス、水道、などの光熱費と携帯電話やネット回線の料金でしょう。

 

ネット回線の料金はほぼインフラと言って良いもので、これをカットするわけにはいかない方が大半だと思います。

 

そこで、一人暮らしがインターネット回線の契約で注意するべきことについて書いてみました。

 

違約金を支払わなければならない機会が多すぎる!

 

一人暮らしは違約金を支払う可能性が高くなってします。

 

それは一人暮らしは「引っ越し」を頻繁にする可能性が高いからです。

 

 

就職や進学、転職や結婚など色々と一人暮らしは引っ越しの機会が多いです。

 

光回線に申し込む際、割引キャンペーンを適用すると大抵2年縛りでその間に解約してしまったら違約金が発生する仕組みになってるはずです。

 

この2年縛りのキャンペーンがあるからこそ、初期工事の費用が安くなったり、毎月割引が適用されます。

 

しかしそのためには2年間継続して契約を続けなければならず、引っ越しなどで解約せざるを得ない状況になった時は解約違約金を支払わなければならないのです。

 

一人暮らしであらかじめ引っ越しする可能性が高いとわかっている状況であれば無理して光回線にせずに、wimaxなどの回線にするのも選択肢としてありだと思います。

 

キャッシュバックに関して気をつけた方がいいです

 

一人暮らしは先ほど引っ越し事情で解約することが多いということを述べました。

 

その際に気をつけるべきことは、「2年契約をして途中で解約したら違約金が取られる」ことです。

 

 

事前に違約金がいくらかかるのか、いつ解約したら違約金が取られるのか確認してから契約することをおすすめしています。

 

関連:キャッシュバックキャンペーン3つの詐欺的トラップ

 

アパートによって価格が変わる

 

一人暮らしの方はアパートやマンションに住むと思います。

 

その際に知っておいて欲しいことが、アパートやマンションの規模によってややネット回線の月額料金が変わるということです。

 

フレッツ光

東日本

西日本

 

月額

 

16部屋以上

2650円

2530円

8部屋以上

3050円

2930円

4部屋以上

3650円

3420円

 

最初に払う料金

初期契約料

800円

800円

工事費用

3000円

4000円

 

上記のように16部屋以上のマンションと4部屋以上のアパートだと月額1000円程度の違いが出てきます。

 

何故、価格が変わるのかというと、契約が見込める世帯数が多ければ多いほど、利益が取れるので、その分価格を下げてくれるという構造がなりたっているからです。

 

 

また、契約する際は事前にエリアを確認しましょう。

 

詳しくは「光回線の契約をする際にエリアを確認する方法」で記載しました。

 

以上が一人暮らしの方がインターネット回線に契約する際に気を付けるべきことです。

 

 

ネット回線は基本的に2年契約なので、気を付けてね!


 

光回線に申し込むならちゃんとと比較しよう

 

光回線に契約するとき知名度で選びがちです。

 

大半の方は光コラボかフレッツ光を選ぶかもしれません。

 

しかし、当サイトでおすすめしているのは独自回線であるNURO光もしくはauひかりです。

 

 

フレッツや光コラボは知名度が高いですが、評判はあんまりよくないのが現状です。

 

詳しくは光回線を徹底比較で解説しましたので、是非、参考にして頂ければと思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!