光回線の通信速度の上り、下りとは??下りが速ければ十分??

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

光回線の通信速度の上り、下りとは??下りが速ければ十分??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

光回線やモバイルルーターなど、やたらと「上り下り」を強調している会社が多いですよね。

 

私も最初は上り下りとは何のことかよくわからなかったです。

 

しかし、今では、インターネット回線を選ぶ際は「上り下り」の意味をきちんと理解していた方がいいなと思います。

 

それでは解説していきます。

 

インターネット回線の下りとは??

 

インターネット回線の「下り」とはダウンロードの速度のことです。

 

主にコンテンツの閲覧をするときに使うのが下り回線となっています。

 

例えば、

 

  • Youtubeで動画を見る
  • メールの受信
  • ネットサーフィンをする

 

このように「下り」というのはダウンロードをしたり、コンテンツを受け取る際の通信速度のことを示します。

 

 

インターネット回線の「上り」とは??

 

インターネット回線の上りとはアップロードの速度のことです。

 

主にコンテンツの発信をするときに使うのが上り回線となっています。

 

例えば、

 

  • 作成した動画のアップロード
  • メールの送信
  • SNSでの自分のつぶやきの送信

 

などですね。

 

つまり、上りの速度が速ければこのアップロードに時間がかからず、自分が作ったコンテンツをスムーズに送信することができるのです。

 

98%の人は「下り」の速度を気にするべし!

 

そろそろお気づきかもしれませんが、上りの速度が早いよりも、下りの速度の方が圧倒的に重要です。

 

恐らく98%の人は動画を見たり、ネットサーフィンしたり、調べ物をしたり…といったコンテンツを「閲覧する方がメイン」である思います。

 

残り2%は「発信をするのがメイン」である人たち

 

残りの2%である「情報発信者」は上り速度を気にしたほうがいいです。

 

例えば、

 

  • WEBサイトを使って頻繁にコンテンツをアップロードする
  • Youtuberをしていて動画を頻繁にアップロードをする
  • TwitterやFacebookで1日100回以上つぶやく

 

このように一部の特殊な人は、上り速度を気にするべきですね。

 

光回線を選ぶ際は上りの速度より下り速度を気にするべきだよ!


 

インターネット回線の下り速度にこだわるなら光回線一択

 

光回線の下り速度はどうなの??

 

光回線は上り、下りの速度共に、完全定額プランで1Gbps(=1000Mbps)で2段階制定額プランで100Mbpsと言われております。

 

つまり、上り下り共に十分すぎるほどの回線スピードになっているということです。

 

関連:どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

 

光回線の1Gbpsというのはただの理論値

 

ただし、上り下り回線速度が最大1Gbpsというのはただの理論値にすぎません。

 

もしマンションなどで、一つの回線を10人以上で共有していたとして、全員1Gbpsの速度が出るのはあり得ません。

 

その場合の回線速度は最大でも100Mbps程度になるはずです。

 

それに、マンションの回線の劣化などで遅くなることはありえますから、あくまで1Gbpsは理論値です。

 

まぁ理論値、理論値って言いましたが、光回線は早いです。

 

私も使ってますが、光回線でストレスを感じることがほとんどありません。

 

 

実際に、今の上り、下りの回線速度を調べてみた。

 

理論値という単語ばかり発しましたが、ここで、光回線の実測値を計測してみました。

 

光回線の実測値

 

 

結果は165Mbpsとなりました。


ちなみにiPhoneのテザリングでの速度テストの結果はこちらです。

 

iPhoneの実測値

 

 

20Mbpsと悪くない結果になりました。


また、私が持っている旧wimaxの回線速度はこちらです。

 

WiMAX(旧式)の実測値

 

 

0.844Mbpsとあまり良くない結果になりましたね…。


非常に遅いです。


正直にいって普段も使い物になってません(笑)

 

*旧モデルなので、通信回線を減少させてるらしいので仕方ないです。

 

最新のwimaxはもっと速度がでます。

 

果たして下りの速度はどれくらいあればよいのか??

 

ここで疑問になってくるのが「光回線の速度は一体どれくらいあればよいのか??」という点です。

 

答えとしては、10Mbps程度出ていれば基本的に何をしても支障が出ません。

 

回線速度とコンテンツ利用の関係

 

  • youtube低画質(360P))→0.5Mbps以上
  • youtube中画質(480P)→1Mbps
  • youtube高画質(720Mbps)→2Mbps
  • youtube超高画質(1080P)→3.5Mbps
  • hulu→2Mbps

 

Youtubeの高画質でもせいぜい3.5Mbpsの速度があれば、閲覧するのに支障がないです。

 

では、1Gbpsと100Mbpsは変わらないのか??

ここで一つ疑問がわいてくるのが「100Mbpsと1Gbps(=1000Mbps)は速度自体は大きな違いがあるが、実際にネットを利用するとなったら違いはあるのか??」ということです。

 

端的に言うと、やはり違いはあります。

 

これはあくまで個人的な感想・意見ですが、1Gbpsの光回線と最大220MbpsのWiMAXを使い比べての感想ですが、やはり前者と後者では平均的な速度が違います。

 

最大速度1Gbpsの光回線は平均速度が50Mbps~100Mbpsほど、それに対して最大速度が220MbpsのWiMAXの平均速度が5Mbps~10Mbpsほどです。

 

 

今まで様々なインターネット回線を利用してきた経験上、最大速度が大きければ大きいほど平均速度も大きくなります。

 

つまり最大速度が1Gbpsの光回線と最大速度220MbpsのWiMAXでは、前者の方が平均的に回線速度が速いということですね。

 

WiMAXでは時々、動画が遅くなることがありますが、最大速度が速い光回線はほとんど動画が停止せずに最後まで閲覧することができます。

 

よって、快適にインターネットを使うならモバイルwifiよりも光回線をお勧めします。

光回線によって速度やキャッシュバック特典が異なる

 

光回線によって回線速度、キャンペーン特典が変わります。

 

もし、あなたが光回線に速度を求めるのであれば、NUROひかり」もしくは「auひかり」をおすすめします。

 

フレッツ光や光コラボは知名度が高いですが、ユーザー数が多く回線が込み合っているため、速度が遅い傾向があります。

 

それに対してNUROひかりとauひかりは非常に早いです。

 

SNS上の意見やYoutubeのレビューでもこの2つは非常に好評意見が多いです。

 

NUROひかりが一番おすすめ

 

 

NUROひかりは理論値で最大速度が2Gbps、実測値でも300Mbps~1500Mbpsほどの速度が出ます(フレッツや光コラボはせいぜい50Mbps~100Mbps程度)。

 

実際に毎日Youtubに動画をアップしているYoutuberさんのレビューでは、

 

「NURO光はけた違いに速い。倍早いとかではなく、桁違いの速さ」

 

ということを述べています。

 

Youtubeを視聴する方や、安定した回線でゲームをしたい方にとってはNURO光をお勧めします。

 

当然、Youtubeをアップロードする側の方も上り速度が理論値で1Gbpsあるので、NUROの方がおすすめと言えるでしょう。

 

ただし、欠点がひとつあり、NURO光は関東限定という部分です。

 

関東の方にはぜひおすすめしますが、関東圏外の方にはauひかりをおすすめします。

 

>>>関東圏内ならNUROひかりがおすすめ【最大30000円のキャッシュバックが貰える】<<<

 

>>>関東圏外の方ならauひかりがおすすめ!<<<

 

下り最速はNURO光!関東限定なのが難点だけど非常に速度が速いんだよね!

 

もしNUROIが利用できない場合はauひかりをおすすめするよ!

 

まとめ

 

光回線には下りと上りがあり、気にするべきは「下り(ダウンロード)」です。

 

もし早くて安定性の高い光回線をお求めであるならNUROひかりかauひかりをおすすめします。

 

また、当サイトではオススメの光回線をランキングでまとめましたので、是非、参考にして頂ければと思います。

 

当サイトオススメ光回線ランキング

 

NUROひかり



NURO(ニューロ)ひかりは最大2Gbpsの高速回線が利用できる最速の光回線!SONYが提供している回線なので信頼性も高い!利用可能エリアが関東、関西、東海となっている


速度が最大2Gbps出る。
また、SONYが提供している回線という部分での信頼性も高い。


最近テレビCMが流れており、評判も良く、速度の速さに定評がある。


Softbankユーザーは2000円/月のスマホ料金割引あり。



月額料金 4743円
キャッシュバック 35000円
2年間の合計料金 83832円
おすすめ度

関東、東海、関西住みで光回線を検討している方は間違いなくNURO光が一番おすすめ!


 

auひかり




auで有名な大手KDDIの独自回線を使った光回線!評判が良く、対応が丁寧!


また、auのスマホを使っている人はauスマートバリューを適用させて最大2000円/月、スマホを節約可能。
auユーザーの方には強くオススメ。


プランがシンプルで誰にでもわかりやすく契約できる点も〇。


NUROひかりの提供エリア外だった場合、auひかりがおすすめ。


月額料金 5100円~
キャッシュバック 43000円~
こういう人にオススメ
  • 評判が良く安定した回線を利用したい
  • auユーザーでセット割りを使いたい
2年間の合計料金 89400円
おすすめ度  


NURO光のエリア外だった場合、auひかりがおすすめ!回線速度に定評があり、評判良し!


 

光コラボ






auひかり、NUROひかりの利用が不可能なエリアなら光コラボもアリ


BIGLOBE光、docomoひかり、sonetひかりなど多種多様な光コラボレーションがあります。


光コラボはフレッツ光と比較してプロバイダが一緒になっているので一括で料金を支払えるのが特徴。


ドコモユーザーならドコモ光、SoftbankユーザーならSoftbank光とセットで契約することによってスマホ料金が最大2000円/月節約できます。


月額料金
  • Softbank光:5200円
  • ドコモ光:5200円
キャッシュバック
  • Softbank光:22000円
  • ドコモ光:0円
2年間の合計料金
  • Softbank光:126800円
  • ドコモ光:124800円
おすすめ度  

docomoユーザーの方はドコモ光がオススメ


NUROひかりが使えないエリア・建物に住むSoftbankユーザーの方はSoftbank光がオススメ


その他光コラボはこちらから



 



  このエントリーをはてなブックマークに追加