光回線でテレビを見る方法とは??

光回線でテレビを見る方法とは??

光回線でテレビを見る方法とは??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

地上デジタルテレビ放送(地デジ放送)が始まって数年の年月が過ぎました。

 

従来のアナログ方式と違って高品質な画像や音質で視聴することができ、画高音質で音楽を聴いたり、多くのチャンネルを利用することができます。

 

番組への参加などの双方向での通信はインターネットの接続が必要となりますが、インターネットを使うことで地デジ放送を見ることができます。

 

地デジの放送をインターネットを使ってみることで、建物の上に地デジ用のアンテナを立てることもいらなくなり、台風や強風によってアンテナの方向が変わってしまってテレビが映らなくなったりアンテナが倒れるといった危険もなくなります。

 

では、インターネットで地デジを見るためにはどうすればよいのでしょう。

 

 

●大きく分けて地デジを見る方法は3つある

大きく分けて3つあります。

 

それは、「ひかりTV」「フレッツTV」「ケーブルテレビ」」この3点ですね。

 

それでは一つ一つ説明していこうと思います。

 

●ひかりTV

 

ひかりTVは、NTTコミュニケーションズ株式会社が大株主である株式会社NTTぷららが運営する、地デジを含めた様々な放送や映像の配信を行っているインターネットサービスです。

 

基本サービスでは地上デジタル放送・BSデジタル放送を見ることができるほか、ひかりTVのプロモーション番組やテレビショッピング専門チャンネルも楽しむことができます。

 

オプションを追加することで地上波では楽しみことのできない映画専門やアニメ専門、音楽専門などの様々な専門チャンネルを楽しむこともできます。

 

2017年現在では基本サービスは毎月1000円(税別)で、チューナーは毎月500円からとなっていますが、光テレビに対応したチューナーを内蔵しているテレビをお持ちの場合はチューナー無しでそのまま接続してみることができます。

 

ひかりTVの価格・特徴

 

価格
  • ビデオ見放題:2500円
  • 50ch以上見放題プラン:2500円
  • テレビもビデオも入ってるプラン:3000円
チューナー代 500円/月でレンタル可能
対応回線 フレッツ光ネクスト

 

 

●フレッツTV

 

NTT西日本とNTT東日本が現在展開しているのがフレッツテレビ。

 

基本で複数のテレビを見ることができて月額660円とランニングコストのお得感が高く、またNTTが提供しているので信頼度も高いのが特徴です。

 

ただ初期費用としてオプティキャスト登録料がかかり、自分でテレビを接続する場合で2800円、1台接続する場合は9300円、2台以上接続する場合は22600円が必要になってきます。

 

フレッツ光では光回線を使ってインターネットを意識しないで地デジのテレビ放送を楽しむことができます。インターネットの機能も必要であれば、プロバイダを契約することで利用できるようになります。

 

プロバイダもToppa!、OCN、楽天、Plala、So-net、BIGLOBE などの大手の有名なところがフレッツ光の推奨として挙げられています。

 

フレッツTVの価格・特徴

 

価格

    650円/月

その他オプション
  • スカパー!:400円
  • スカパーひかりパック(68ch視聴可能):3380円
対応回線 フレッツ光一部プランに対応

 

●ケーブルテレビ

 

本来、ケーブルテレビは難視聴エリアの解決や地域のコミュニケーションサービスとしてスタートしたものがほとんどでした。

 

インターネットの普及に伴いケーブルテレビにインターネットの接続機能とプロバイダの役割が加わりました。

 

そのため、ケーブルテレビネットワークでは世の中にある様々なプロバイダを選ぶことができなくなっています。

 

また、もともと地域でテレビ放送を行っていた関係でオリジナルの地域に密着した番組を配信するなどのサービスも行っています。

 

 

ケーブルテレビを使った場合は地デジを簡単に見ることができます。この場合でもセットトップボックスと呼ばれるインターネットテレビのチューナーのような装置を使用することになります。

 

インターネットにはケーブルモデムで接続されるので利用には困りません。

 

昔と違ってケーブルテレビ会社も合併などが進み、サービスも機能も向上してきています。

 

また回線も光回線に切り替えが進んでいるところや最初から光回線を使用している会社が増えてきています。

 

 

ケーブルテレビの価格・特徴

 

価格
  • スタンダードプラス:6280円
  • スタンダード:5280円
対応回線
  • JCOM

 

 

●地デジを見るためには

 

地デジを見るためには地デジのアンテナを立てるかケーブルテレビを敷くか、または光回線でのインターネットでテレビに接続して視聴することになります。

 

地デジの電波が届かない地域や電波状態の悪いところ、地下街などでは、地域によっては地デジアンテナを複数の人たちで使う共聴アンテナを使っている地域もありますが、ケーブル等を使ったネットワークを活用したテレビ放送を見ることになります。

 

結果的には双方向でのテレビの利用やビジネスデータの活用などを含め光回線が利用されていく傾向にあるこは否定できません。

 

この時、光回線でインターネットが接続できる地域では光回線を。

 

また、光回線がサービスされていない地域では地域ケーブルネットワーク会社の配信するケーブルテレビを利用することで地デジを見ることができます。

 

 

au光で地デジを見るときは注意が必要

 

このようなサービスが展開される中でau光では現在のところ地上デジタルテレビ放送はインターネットのサービスとして見ることができません。

 

ビデオや映画、アニメ、スポーツなどの専門チャンネルの視聴には対応していますが、インターネットを使用した地デジが視聴できない対応として、そのため、au光では地デジアンテナの設置工事費を無料にすることでアンテナ設置を勧めたり、他の光回線やケーブルテレビを引くことを勧めるなどの方法を勧めています。

 

●まとめ

 

せっかくインターネットを使い始めるのなら、テレビも一緒にインターネットで見れるようにすることがお勧め。

 

アンテナ工事もなくて建物の外観も悪くならないし、、インターネットの回線一つで今日からすぐに地デジを見ることができ、様々な使い方ができるのもとても便利。

 

オプションや設定で様々な番組をどこでも見ることができ、番組表から簡単に録画できる機能も満載なインターネットを使ったテレビ。使ってみるとさらに便利が実感できます。

 

インターネットとの同時申し込みをすれば割引やキャンペーンなどでさらにお得になることもあります。契約によってはさらに携帯電話の料金まで割引になることもあります。

 

テレビをインターネットで利用すると、今より情報が活用できるかもしれません。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!