光回線解約時にプロバイダのメールアドレスが使えない!?

どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?

光回線解約時にプロバイダのメールアドレスが使えない!?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

あなたは光回線を乗り換える際に、プロバイダのメールアドレスも変更しないといけなくて困っていませんか?

 

光回線は契約を解除すると、基本的にプロバイダのメールアドレスは使えなくなってしまいますが、プロバイダによっては「光回線の契約だけを解除し、メールアドレスを使い続ける」ことも可能です。

 

そこで、今回は「主要な光回線6社の契約解除後もメールアドレスを引き続き使い続ける方法」、また「プロバイダメールが使えなくなった時の代替案」も併せてご紹介します。

 

メールアドレスを残すことができる

 

使用しているプロバイダによっては、光回線の契約だけを解除して、メールアドレスは引き続き使える可能性もあります。

 

今回は主要な6社の光回線(BIGLOBE・So-net・nifty・Yahoo!BB・plala・OCN)のメールアドレスを残すプランをまとめたので、以下の表から自分のプロバイダを確認してみてください。

 

プロバイダ

コース

月額料金(税込)

 

BIGLOBE

 

インターネット接続サービスだけを解約

無料

ベーシックコース

216円

So-net

モバイルコース

216円

nifty

@nifty基本料金

270円

 

Yahoo!BB

 

Yahoo!メールアドレス(@yahoo.co.jp)は引き続き使える

無料

Yahoo!BBメールアドレス(@ybb.ne.jp)は使えなくなる

plala

ぷらコミ0コース

216円

OCN

バリュープラン

270円

 

月額料金はかかりますが、光回線の契約を解除してもほとんどのプロバイダではメールアドレスを引き続き使えます。

 

BIGLOBEの場合は契約解除後も無料でメールアドレスを使い続けられますが、メールデータ保存期間が30日しかないため無料プランはおすすめできません。

 

なお、上記の方法でメールアドレスを使い続ける場合は、あくまで「コース変更」を行うのであって、プロバイダを退会するわけではありません。

 

退会してしまうと2度と同じメールアドレスを取得できなくなり、今まで送受信したメールも見ることができなくなるので注意が必要です。

 

フリーメールを使う

 

仕事の関係等でどうしてもプロバイダのメールアドレスを使わないといけない人は、「メールサービスだけを使うコース」に変更するしかないのですが、そうでない人は「フリーメール」を使うことをおすすめします。

 

フリーメールは、パソコンやスマホ、タブレットなど様々な端末からアクセスできるメールサービスで、代表的なものとしてはYahoo!メールGmailがあります。

 

フリーメールは月額料金がかからないうえに、機能はプロバイダのメールサービスとほとんど変わらないので、メールアドレスを変更しても日常使用であれば全く問題ないでしょう。

 

では、GmailとYahoo!メールはどちらがいいのか、簡単に両者の特徴を見ていきます。

 

メールサービス

Gmail

Yahoo!メール

提供会社

Google

Yahoo!

 

容量

 

15GB(*容量追加可能)

(100GB 250円/月~)

10GB(*容量追加可能)

Yahoo!BB・セキュリティーパック(299円/月)・Yahoo!プレミアム(499円/月)に加入すれば無制限になる

 

 

特徴

  • 世界最大のメールサービス
  • メール送受信時に添付ファイルのウイルススキャンが自動で行われる
  • 1つのアカウントで無限にメールアドレスを取得可能
  • Yahooアカウントを取得すれば、Yahooが提供するサービスを使える
  • 1つのアカウントで10個までメールアドレスを取得可能

 

GmailとYahoo!メールは、サービスの特徴が異なっており、それぞれ良い点・悪い点はあるのですが、ビジネスで使うならGmailをおすすめします。

 

GmailはYahoo!メールと比べて不正アクセス対策ウイルス対策に優れているので、ビジネス関係のメールのやりとりをする時も安心して使用できます。

 

チャットツールやSNSを使う

 

最近では、連絡手段の一つとしてメールサービス以外にもチャットツールSNSを使ってやりとりを行うことも増えてきています。

 

もちろんこれらのサービスも無料です。

 

代表的なツールは、以下のようなものがあります。

 

ビジネスシーンに最適

 

  • チャットワーク(ChatWork)
  • Slack(スラック)

 

プライベートに最適

 

  • LINE
  • Facebookメッセンジャー
  • Twitter
  • Skype

 

 

チャットツールやSNSは、メールサービスと比べてより簡単にコミュニケーションをとることができるのが特徴です。

 

添付ファイルの送受信を行う際は、データ容量やファイル種類の制限がありますが、業務連絡や日常的な会話文程度であれば十分に使うことができます。

 

特に、チャットワークに関してはシンプルで使いやすく、企業で連絡手段として使用するところも増えてきているので、おすすめのツールです。

 

まとめ

 

光回線の乗り換えをする際、元のメールアドレスをそのまま使いたい人は、まず「メールサービスだけ使えるプランがあるか」を確認しましょう。

 

ただし、プロバイダのメールアドレスは月額料金がかかるので、可能であれば「Gmailなどのフリーメールを取得する」、もしくは「チャットワークやSNSなどを導入する」ことをおすすめします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

速くて安定していて安くてお得な光回線って結局どこよ?

光回線はどれを選ぶかによって速度、安定性、料金、キャッシュバックなどが変わってきます。

回線によってはキャッシュバックが最大3万円貰えることもあります!

ちなみに超有名回線のフレッツ光はあんまりおすすめできません。。。

では、どの光回線がおすすめなのかというと・・・

以下のリンク先で徹底的に比較しました!

光回線の比較!高額キャッシュバックが貰えるおすすめの回線を徹底解説!